【itコンサル転職】IT/システムコンサルタントからRPAコンサルタント転職|RPA/AI技術を活用した開発コンサルタントへ。業務コンサルの次のステージ。

f:id:inaka-gurashi-saikou:20171129021549j:plain

RPA / AI(人工知能)を活用し、企業利益最大化を狙う企業が増加している。

 

特に、クラウドワークスがRPAテクノロジーズと提携しRPA(ロボットによる業務自動化)を率先して行う点に「RPA(人工知能技術を用いたロボットによる業務の自動化)が当たり前になる未来」を予感させる。

 

今回は、IT/システムコンサルタントからRPAコンサルタントへ次なるキャリアを目指す方向性を提示したい。

 

 

1. 年収1.000万越えのRPAコンサルタントを目指す|5年後の当たり前をいま準備する理由

f:id:inaka-gurashi-saikou:20171119081415j:plain

ITコンサルタント・システムコンサルタントと言えど「平均年収は700〜800」あれば多い方で中堅のSEよりは多いがフリーランスエンジニアよりは少ない。

 

 

いわゆる「年収の伸び悩み・本当にやりたい仕事とは?」という線引きの中で日々働いている方も多いはずだ。

 

 

時事通信の報じるところによれば「2018年度税制改正で焦点となっている所得税改革をめぐり、政府・与党が増税の対象となる会社員の年収を「800万円超」とする」という動きも強まっており「より稼ぐか、それとも稼がないか?」という二者択一を迫られている。

 

 

さらに、一般的なコンサルタントの年収比率も減少傾向にある中で「新たに働く場を考え直す良い時期にきた」と考える。

 

 

 

そこで考えるべきは「RPA(業務自動化ロボ)を販売、導入させたい企業で働く」という選択肢だ。

 

 

 

AI(人工知能)が身の回りに当たり前に存在するようになるにつれ、ビジネスの現場でもより作業効率化を求めるために「RPA技術を利用したいニーズは増え続ける」

 

 

とはいえ、その導入に際して「適切なビジネスロジックコンサルタントできる人材は今後ますます希少な存在となる」と言える。

 

 

Googleの未来予測学者レイ・カーツワイルが言及するGNR革命によれば「AI(人工知能)の次にくる革命は、ゲノミクス・ナノテクノロジー・ロボティクスの三要素であり、これらが断続的に生じ、世界を一変させ続ける」としている。

 

 

AI(人工知能)の次に、何が来るのか?

 

 

それはGNRの三要素であり、まさに今ロボティクス(RPA技術)が日本を含め多くの国で導入される過度期に来ていると考える。

 

 

実際、いま多くの企業からRPA技術は注目されている。

 

 

RPAはこちら側が操作した内容をノンプログラミングでAIに覚えさせて、エクセル操作など自動化するソフトだからこそ、今後5年間のAI(人工知能)の文脈でも主役の一角に躍り出ることは間違いない。

 

 

また、価格も安く一気に導入が進むジャンルだろう。

(それだけ企業側としても面倒な業務改善と効率化を求めている)

 

 

2. 「コンサルタント」 +「複業」が当然の時代へ

f:id:inaka-gurashi-saikou:20171122154333j:plain

RPA技術を中心とするコンサルタントは、今後5年のさらなるキャリア形成を考えれば当然思考に入れておくべき事項であることは間違いない。

 

 

また、時代は複業のフェーズに移行している。

 

 

一社からのサラリーだけでなく、土日にベンチャー企業・中小企業などでコンサルティング業務も合わせて行っていけば「平均年収1.000〜1.500万円」も十分に狙える領域だろう。

 

 

特に、個人事業主として活動していれば「経費を使いつつ、自身の複業で得た収益を上手に使い、全国に仕事と称して行くことも、知り合いと飯を食いに行くのにも経費を使える。」...節税はうまいことするのが、今の日本で生きるコツだ。

 

 

だが、一社のサラリーからでは、これはできない。

 

 

年収。という変数ではなく「手中にどれだけ使える金を掴むか?」

これを考えられる人材は、より豊かに生きられる。

 

 

さて、RPAコンサルタントに関する話題だ。

 

 

RPA関連技術を導入する動きは加速度的に早まり、また、新たな技術が生まれ以前のような働き方では対応できないケースが散見する。

 

 

そのために、今のうちに対応をしておくことが懸命であり、知的な人間のする選択だ。

 

3. 転職する方へのアドバイス

f:id:inaka-gurashi-saikou:20171115193100j:plain

急な転職となると焦りが出てしまうので、転職エージェントにこちら側の希望条件を伝えておき、希望のポストが出てきたら連絡を貰うというスタンスを取るのが良い。

 

 

また、信頼できるエージェントと緩く繋がっておくと、何かあったらすぐに相談できるようになる。

 

 

これは精神衛生上良い効果を発揮するし、オプションを持っておくと安心感が生まれるからおすすめだ。

 

コンサルタント求人特化!RPA業界転職成功率No.1 : Geekly

f:id:inaka-gurashi-saikou:20171125091458p:plain

 

おすすめ度:★★★★★

求人数:★★★★☆

使いやすさ:★★★★★

年収アップ率:★★★★★

転職サポート:★★★★★ 

 

Geekly 」では、RPAコンサルタントへの転職成功率も高く、IT業界・Web業界・ゲーム業界と「IT業界全般へのRPAコンサルタント転職支援」に特化しているのでおすすめだ。

 

 

IT業界で3年以上の転職支援実績を持つキャリアコンサルタントが、今のIT業界、AI業界への転職の道を極めて明確に、かつ、親身に応援してくれる

 

 

業界に精通した彼らだからこそ、ハイレベルの給与交渉が可能となっている。

 

 

また、親切な対応も高く評価されており、業務コンサルで今の年収を上げたい技術職の方は、まずは無料登録から始めてみて欲しい。

 

 

そして、転職エージェント(就職・転職の全面的なお手伝いをする企業人)を通じて、コンサルタント関連職種への挑戦をして欲しい。

 

 

また、Geeklyでお預かりしている求人の80%は非公開求人で、特にRPA関連の最先端技術に関する求人をお探しの場合は非公開求人を含め、キャリアアドバイザーより丁寧に紹介してもらえるのが魅力だ。

 

PRAコンサルタントへのキャリアをどうしようか悩んでいるにおすすめの転職サイトとなる。

 

 

最後に注意点。

 

Geeklyは「渋谷の本社で面談ができる真剣なコンサルタント・エンジニア」にのみ注力する少数精鋭・IT業界専門の転職サイトとなる。その点を確認してからGeeklyをご覧頂ければ幸甚だ。

 

Geeklyがおすすめの理由はこちら

 

Geeklyに登録する

 

 

全国的なコンサルタント求人をお探しなら「パソナキャリア」がおすすめです。

 

 

人工知能エンジニア転職をしたい方はこちら

f:id:Change-before-you-have-to:20171125144441j:plain
AI(人工知能)エンジニア転職をしたい方へおすすめ転職支援サイトをお伝えします。

未経験プログラマー就職・転職おすすめランキング

f:id:einginner-carry:20170925074953p:plain

SPONSORED LINK