【Kaggle人材】Kaggler(カグラー)がAIエンジニアになるには?|KagglerがKaggleスコアを通じてAIエンジニア・機械学習エンジニア・データサイエンティストになれる

AI人材(AIエンジニア・機械学習エンジニア・データサイエンティスト)を目指す人が初期に知る存在がGoogle直下のKaggleだ。大手IT企業はKaggleMasterなどをいち早く自社に取り入れつつ、自主的に成長する仕組み作りに集中しています。

 

AI人材の一部の人たちは、今後Kaggle人材などと呼称されながら、極めて高い需要を得ることになります。

 

今回は、Kaggle人材、KagglerからAIエンジニアを目指すメリットを伝えます。

 

 

Kaggle人材(Kaggler)としてスコア保持なら、AIエンジニアへ就職・転職はしやすい!

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180508114449p:plain

AI人材、AIエンジニアすら少ない市場には少ない状況ですが、Kaggle人材(Kaggler)はさらに存在しておらず、多くの企業がKaggleMasterを自社に雇用しようと必死に活動を続けています。

エンジニアサイドで「Kaggle」を少しでも知っている人は、まずはKaggleでスコアを出すところから始めるだけで、大手IT企業を筆頭に多くのIT企業から求められるAIエンジニア・データサイエンティストになれます。

優秀なKaggle人材の魅力

山田部長(DeNA)は「機械学習を使う問題に対する圧倒的な安心感があり、どれくらいの期間でどれくらいのレベルのものがアウトプットできるのかの見積もりも正確。PDCAを回すのが速く、普通のエンジニアが10時間掛かる作業を1時間で終わらせることもある」と魅力を語る。

参照|http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1805/08/news032.html

 

一般に、現状で働いているデータサイエンティスト、AIエンジニアも企業側からこうした視点を求められていて「市場が求めている需要を満たす技術者を目指すことで、結果的に働きやすく、また、年収比率も高い職場」を目指すことが可能です。 

Kaggleスコアを手に入れる

この記事では、Kaggleスコアを手に入れつつ、AIエンジニア・データサイエンティストなどを目指す可能性についてお伝えしています。

 

前提として、Kaggleスコアがある程度なければ、やはり大手IT企業を目指すことは難しいです。反面、いまからKaggleを突き詰めるKaggler(カグラー)を目指せば、当然、今後より魅力的なIT企業へ転職する可能性も高まります。

 

まずはここまで、あとで追記していきます!