IoTエンジニアの資格、IoT検定とは?|IoT検定はIoTエンジニア就職・転職を目指すなら必読!

f:id:inaka-gurashi-saikou:20171229200447p:plain

 IoT検定に関してお伝えします。

モノのインターネットに関する今を知るための検定資格で。IoTエンジニアを目指すなら必読!

 

 

IoT検定とは?|モノのインターネットの本質を学ぶ検定

f:id:inaka-gurashi-saikou:20171229182932p:plain

IoT検定の内容はこちらです。

 

IoT検定の目的

IoT(Internet of Things)がモノとモノをつなぐことから、モノとヒト、ヒトとヒトをつなぐインフラとなる社会において、IoTを知ることはユーザーのみならず、IoTに関わるすべての人が対象となる新しい領域です。IoT検定が果たす役割を明確にし、社会に役立つ叡智のプラットフォームを目指しています。

 

IoT検定の概要 

地球上にあるすべてのモノをインターネットにつなげてしまおうとする「IoT(Internet of Things:モノのインターネット)」が急速に進んでいます。IoT-image インターネットがモノとモノをつなげ、あらゆる世界が身近になった社会において、いたるところでセンサーがデータを吸い上げ、そのデータが活用されています。

 

過去に描いた未来の到達です。

 

IoTの目的はモノをインターネットにつなげるだけではなく、収集したデータを分析し、将来を予測することで、社会や家庭のあらゆるシステムを自動的に効率よくするところにあります。

 

そのためIoTを使ったサービス企画では、デバイス・ネットワーク・データ分析・セキュリティなどの包括的な知識が必要です。 IoT検定準備委員会は、複数の業界団体・企業・有識者で構成され、IoTに関わる知識やスキルを可視化して、より一層IoTを普及させることを目的として、IoT検定制度を開始しました。

 

IoT検定のメリット

IoT検定は、技術的な視点だけでなく、マーケティングやサービスの提供、ユーザーの視点から必要となるカテゴリ、スキル要件などを網羅し、それぞれの立場でIoTを企画・開発・利用するために必要な知識があることを認定します。

IoT検定には、企業や社会で評価されるという価値だけでなく、多くの魅力があります。

 

IoT検定はどんな人が取得すべきか?

f:id:inaka-gurashi-saikou:20171229201446p:plain

 

IoT検定はソフト・ハードと深く学ぶ

f:id:inaka-gurashi-saikou:20171229201802p:plain

一般的な検定とは違い、IoT検定では「ソフトウェア・ハードウェア」の両輪から学ぶことを主軸にしており、本当にエンジニアにとって意味のある検定になります。

 

IoT(モノのインターネット)の本当の価値とは?

IoT(モノのインターネット)は家電製品・スマホ・PCと「あらゆるモノ」がインターネットにつながることを意味しています。

しかし、私たちの生活が「ネットにつながっているだけが本来の価値」ではありません。

 

IoT社会の本来の姿

TechFactroyではIoTを次のように定義しています。

 

IoTにおける本当の価値とは・・・

 

第1段階:見える化|あらゆるモノからデータを大量に収集して分析 

第2段階:制御|分析結果をもって現実社会の装置やサービスを制御し動かす

第3段階:最適化・効率改善の自動化| 制御を自動化し人工知能(AI)を用いて効率改善すら自動的に行う

 

IoTは、ビッグデータやロボット制御、人工知能までも含んだ、大規模な社会の仕組みを変えるための技術であり、その総称として捉えることができます。

参照|IoTスペシャリストを目指そう(1):第1問 マイクロコンピュータとシングルボードコンピュータの違い (1/2) - TechFactory

 

この定義がドンズバ!と感じたので引用致しました。

特に「IoT社会はインターネットとつながることで、なんか楽しく、すごくなる」的な抽象的な理解をさせる表現が多い中で、TechFactroyではここまで確信を突く表現をしていて嬉しくなりました。 

 

言い換えれば・・・

 

IoT社会の本質は「全てのモノがインターネットと結びつき、機械化され、AI(人工知能)によって自動化される社会」だと言えます。

 

もう、この端的すぎる理解がすごいなーと。

普通に本屋にある本読んでも到達しえない領域の理解です。

 

各国のIoT(第4次産業革命)に関して言えば、産業界のデジタル化・IoT化を意味していて、特にデジタル領域の進化が著しい点から過去の産業革命とは比較できない進化をすると言われています。

 

ドイツのインダストリー4.0

インダストリー4.0(独: Industrie 4.0、英: Industry 4.0)は、ドイツ連邦教育科学省(ドイツ語版)が勧奨。

2011年にドイツ工学アカデミー(ドイツ語版)が発表したドイツ政府が推進する製造業のデジタル化・コンピューター化を目指すコンセプト、国家的戦略的プロジェクトである。

IoTの普及についてトップダウンで国家プロジェクトとした世界初の事例となる。

参照|インダストリー4.0 - Wikipedia

 

アメリカのインダストリアル・インターネット

インダストリアルインターネット(産業のインターネット)とは、米国のゼネラル・エレクトリック社が2012年に発表した、ICT技術を活用し生産性の向上やコストの削減を支援する産業サービス。

様々な製品から稼働データなどを収集してビッグデータを分析し、運用・保守や次の製品開発に生かす事により、製造業のビジネスモデルを変える取り組みである。

 参照|インダストリアルインターネット - Wikipedia

 

ゼネラルエレクリック社は・・・

 

18世紀から20世紀まで、世界の社会・経済・文化に大きな影響を与えた「産業革命」を「第1の波」と、20世紀後半に世界を変革した「インターネット革命」を「第2の波」とするならば、「インダストリアル・インターネット」は「第3の波」ともいうべきもので、世界を再び変革しようとしています。

 

「インダストリアル・インターネット」によって、先進的な産業機器、予測分析ソフトウェアと意思決定をする人々が結び付きます。この結果、医療技術の向上、鉄道や航空機における輸送プロセスの変革、発送電における効率的なシステムの登場、などを通じて多くの産業における生産性の向上を実現します。

参照|インダストリアル・インターネット | GE.com Japa

 

IoT社会と聞くと、少し古い概念かも?

 

そんな風に考える方も多いかもしれませんが、実はバリバリに革新的な概念として考えられています。

 

AI・IoT・ブロックチェーン領域を学びたいならTECH BOOST(テックブースト)

f:id:inaka-gurashi-saikou:20171228141014p:plain

AI・IoT・ブロックチェーン領域に興味があり、今後IT業界、Web業界を目指しているならTECHBOOSTでカウンセリング(無料)を受けてみてください。

f:id:inaka-gurashi-saikou:20171214140911p:plain

参照 

iotcert | IoT検定制度委員会