『現在の人工知能の身近な例』

〜AIがすべてを変える〜

【AIとフリーランス】AI(人工知能)エンジニアに「フリーランスエンジニア」がなるべき理由|AI人材としてAI企業就職、転職するよりフリーランスとして関わる可能性もあり。

f:id:inaka-gurashi-saikou:20171115193005j:plain

AI人材としてAI企業就職、転職するだけではない。

 

AI(人工知能)エンジニアに「AIフリーランスエンジニア」がなる可能性は、今後ますます増えていくと考えた方が良いでしょう。

 

今回は、AI(人工知能)エンジニアに「フリーランスエンジニア」がなるべき理由をお伝えします。

 

 

1.「フリーランスエンジニア」がAIエンジニア/AI人材を目指す理由|AI人材がAI企業へ就職、転職するよりも可能性が高い?

f:id:inaka-gurashi-saikou:20171115193100j:plain

日本経済新聞では「企業のAI導入の最大の足かせは、社内AI人材・AIエンジニアの不足」が大きな理由となっていると報じています。

 

 

海外、日本のAI企業へ就職したい学生、社会人はやはり多いですが、その割合だけ「AI人材になることが難しい点や、多くの企業が国内外含めてAI人材を獲得できていないというマッチングの問題」が存在していますね。

 

 

IT業界でもプログラマーになる潜在的な層が不足している傾向もある中で、その比ではないレベル感でAI人材の不足している状況が露呈し始めています。

 

また、AIエンジニアになるためには「既存のエンジニア開発能力」ではなく「AIにどのような学習データを与えるのかという教師のような役割」が求められています。

 

具体的にはどういうことか?

 

ディープラーニングの学習方法


①学習させたいデータ(例:犬の画像データ+犬ラベル)をディープラーニングに入力する
ディープラーニングが計算処理を行って結果を出力する
③出力結果と教師と比較して、その誤差関数を定義する
④誤差関数を最小化するようにディープラーニングのパラメータを修正する
⑤ ①~④を何度もぐるぐる繰り返すと、だんだん誤差が収束していき学習が完了する

④の誤差を最小化するところが一番のポイントです。


イメージ的には、暗闇の砂漠の中で、最も深い地点を探すことに近いです。分かることは、足元の角度だけ。角度が低い方向に歩いていくことで一番深い地点を探していきます。この角度は、誤差関数を"微分"をして求めます。

 

人工知能(AI)の最前線を専門家が語る : 新規事業のつくり方

 

このように、数学的な知識を土台にAIに対してディープラーニング(深層学習/入力層・隠れ層/出力層を通じた機械学習で、隠れ層を含む深さ(Depth)に応じて学習量、精度が向上する)をしていきます。

 

 

つまりは、AIエンジニアのスポットは空いているがAIエンジニアの特殊な学習状況から新たにAI人材を抱えることができない企業が多く存在している。

 

 

そういった視点を現時点で持つことが重要だと考えます。

 

 

2. AIフリーランスエンジニアの可能性|AIアルゴリズムのオープン化とAI人材の不足が狙い目の理由

f:id:inaka-gurashi-saikou:20171115195044j:plain

現職でAIエンジニア、AIコンサルタントのSaito様(Saito (@NewBusiness11) | Twitter)とお話しところ、以下の気づきを頂きました。

 

 

AIのアルゴリズムはオープン化されているため、顧客から見て大企業に依頼するのもフリーランスに依頼するのも信用面以外であまり違いがない

 

既存のAIエンジニアがフリーランスになるよりは、現在、フリーランスのITエンジニアがAIを勉強してなる方が人数として多い傾向がある

 

既存のフリーランスエンジニアがAI関連の技術をまなび、結果として企業案件に関わる方が確かに可能性もありますし、親和性も高いと感じました。

 

 

また、月単価50or80〜100万程度で働きつつ、AIエンジニアの可能性も合わせて追求していく姿勢が今後のフリーランスエンジニア生き残り戦略にも繋がると感じますね。

 

 

TeamAIで知り合いを増やす

f:id:inaka-gurashi-saikou:20171115195859p:plain

TeamAiと呼ばれるAIエンジニアコミュニティもありますし、少しずつ環境が整っているようにも思えます。

 

 

3. AIフリーランスエンジニアは「自己学習」or「スクール学習」|本か。スクールか。どちらが正解かは適性次第

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170919064349j:plain

AIフリーランスエンジニアの仕事の多さ、そして、企業と関わる可能性があります。

 

 

しかし、多くの場合の問題点は「どうやってAI関連知識を身につけて、仕事に生かすだけの経験を獲得するのか?」ということです。

 

 

個人的には、次の順序で選ぶことが良いと思います。

AIスクールでがっちり仕事しながら学習する

Udemyで気になる講座を受けて、仕事に生かしていく

本で自学自習していく。ただ、その分時間がかかる

 

 

基本的には自己学習が楽しいですし、自ら積み重ねる快感を覚えられます。

 

 

しかし、直近、もしくは短いスパンでAI関連市場で頭角を表すなら、当然AI関連スクールでの学習をした方が懸命です。

 

AI(人工知能プロフェッショナル)に「一からなるための」オンラインゼミ「Aidemy

f:id:inaka-gurashi-saikou:20171115212806p:plain

Aidemyに関して言えば「エンジニアがAIエンジニアを目指すときに今、使えるオンラインブートキャンプ」と捉えると良いと思います。

 

Aidemyの基本情報

Aidemyの基本情報を見ていきます。

参考 AI(人工知能プロフェッショナル)になるためのAidemy

 

運営会社|株式会社アイデミー (旧 Goods株式会社)

Aidemyの運営会社は株式会社アイデミー

代表取締役|石川 聡彦

代表取締役の石川さんの経歴は以下のとおり

株式会社アイデミー代表取締役CEO。ソフトバンクアカデミア5.5期生。東京大学工学部卒。AI/機械学習に特化したプログラミング学習ツールを作っています。人工知能機械学習関連の情報をつぶやきます。 

本社

〒150-0043東京都渋谷区道玄坂2-16-8ビジネスヴィップ渋谷坂本ビル6階

 

Aidemyのメリット・デメリット

Aidemyのメリット・デメリットは以下の通りです。

 

Aidemy(アイデミー)のメリット(長所)

 

1. コース申し込み後「2週間」は無条件全額返金保証/学生割引/奨学金制度あり

f:id:inaka-gurashi-saikou:20171115220249p:plain

f:id:inaka-gurashi-saikou:20171115220511p:plain

 

2. コンテンツラインナップが充実

f:id:inaka-gurashi-saikou:20171115221047p:plain

 

3. Aidemy教材の5つのポイント

f:id:inaka-gurashi-saikou:20171115221156p:plain

 

4. 本気のAI学習をするならAidemy

f:id:inaka-gurashi-saikou:20171115221331p:plain

 

Aidemy(アイデミー)のデメリット(短所)

 

1. 本気じゃない人には、辛い。。。

がっちりとAI(エンジニア)を目指す場所なので、やる気と学習量を担保できない人はすぐに脱落します。

 

2. エンジニアがAIエンジニアになる場所

エンジニアが次のキャリアを目指す場所。といった具合の場所です。

受講者は「エンジニア5:AI関連職種4:学生:1」という割合になっています。

 

Aidemyの受講者の全体像

 

全体像としては、エンジニアがAIエンジニアになるフェーズ50%、それ以外が50%というイメージです。

 

Aidemyの評判・口コミ

Aidmeyの評判、口コミは以下の通りです。

 

現在、詳しく調査中、twitterやFBにもデータなし。

 

Aidemyの無料体験会申し込みはこちら

Aidemyは無料体験会を行なっています。

 

 

まずはAI(人工知能)の最前線がどうなっているのか体験してみてください

f:id:inaka-gurashi-saikou:20171115223550p:plain

 

 

AI(人工知能)転職なら、こちらが必見!!

f:id:inaka-gurashi-saikou:20171020234700p:plain