『現在の人工知能の身近な例』

〜AIがすべてを変える〜

【必見!!】アクセンチュアがAI(人工知能)を通じた『ロボティック・プロセス・オートメーション』で新たなソリューションを生み出している?

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170720070609j:plain

こんにちは、AIブロガーです

 

シンギュラリティ(技術的特異点)で超知能を持つ人工知能(Artificial Super Intelligence)が人間を壊滅させる...?

 

そんな未来は海外で起きることで、日本ではドラえもんの生活のような、AI(人工知能)と人間の共生した未来を選択する必要があります。

 

今回は、アクセンチュア株式会社のロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automationf)という事例を通じて、AI活用の未来をお伝えしていきます。

 

AI(人工知能システム)を導入したいと考えているなら、必見ですよ!

 

SPONSORED LINK

   

 

1. 2030年までに『1100万人』の労働力が不足する?

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170719130904j:plain

内閣府が算出したデータによると、将来的に必要となる労働力に対して約1100万人も企業人材が不足してしまう恐れがあることが予測されています。

 

例えば、日本の4人に1人が65歳以上の高齢者になっていたり、合計特殊出生率が20年以上前から増加せず、子供が減少し続ける超高齢化社会に突入している以上、当たり前と言えるかもしれません。

 

(さらに言えば、2030年の段階では3人に1人が65歳以上の高齢者になります。

 

では、どのように解決をすれば良いのでしょうか?

 

それはアクセンチュア株式会社が提供してくれるAI(人工知能)とロボティクスの活用です。

 

日本では働くひとの数が圧倒的に少なくなっていき、全人口も毎年減少し続けています。また、子供の数もどんどん少なくなっていきます。

 

そう考えた場合、日本では海外によくあるAI脅威論に恐怖するよりも、AI(人工知能)とロボティクスの社会的活用が不可欠になっていると考えた方が良いでしょう。

 

形は違えど、ドラえもんと仲良く生きているのび太くんのような未来が、日本では当たり前で理想的な状況になると私は考えます。

SPONSORED LINK

 

2. AI(人工知能)とロボティクスが得意なこととは?

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170719062859p:plain

AI(人工知能)とロボットは人間社会の未来です!

 

なんて言われても、AI(人工知能)やロボティクスを導入する時に、不安に感じることがありませんか?

 

例えば、僕も感じてしまう人間の仕事をAI(人工知能)やロボットが根こそぎ奪い去ってしまう未来などです。

 

ただし、現時点で考えておくべきはAI恐怖論ではありません。

 

考えるべきは「人間とAI(人工知能)・ロボティクスがどうやって仲良く協調できるのか?」です。

 

AI(人工知能)にどんな仕事を任せられるのか。

 

そして、「どんな仕事を人間が引き続き行うのかを、機械ではなく人間が自ら考えることが重要です。

 

AIやロボティクスは、業務処理スピードがF1カーのように圧倒的に早く、大量のデータ分析も人間よりも得意です。

 

それに、AI(機械)が疲れてしまって、大きなミスをするなんてことも起こりません。

 

これらのAIやロボティクスの優位性に対して、人間が得意なこととは「ひとに対する共感」や「誰かの感情に応じた柔軟な対応」、それに「物事の多面的な判断」です。

 

AI(人工知能)に意識や心なんてありません。

 

だからこそ、機械的に解決できるタスクをAIやロボティクスに任せて、より高度で人間にしかできない仕事を行う方が良いんです。

SPONSORED LINK

 

3. アクセンチュアのインテリジェント・オートメーションはなにをしてくれるのか?

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170705185850j:plain

アクセンチュアのインテリジェント・オートメーションとは、例えばAI x ロボティクスを通じた新しいソリューションです。

 

ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation)では、顧客からメールで受けた注文を企業基幹システムに受注登録するなど業務自動化。そして、大量の人間を必要とする事務作業を自動化していきます。

 

事例1 アクセンチュア・フルフィルメント・サービス(在庫・補充最適化サービス)

AI(人工知能)の商品需要の予測とマネージャーが行う店舗の発注業務をデータに基づきクラウド上で改善しました。

 

その結果、あるお店では平均11%の店頭商品欠陥率が2.2%にまで減少しました。

 

日本でも少しずつAI(人工知能)を通じて、商品の季節ごとの需要予測や、店舗の発注業務の自動化を行う企業も増えてきています。例えば、クイーンズ伊勢丹や株式会社ライフなどですね。

 

 

 

4. どのステップが効果的な効果を生むのか?

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170720072034p:plain

例えば、上記の画像でいうところのステップ2が、ビジネスシーンで一番多くの人的リソースを消費します。

 

だからこそ、自動化を導入すると効果が見えやすいのがステップ2の業務の自動化プロセスです。

 

また、ステップ3の分析業務自動化では、特に企業利益率を高めるために最も効果的な効果を生み出します。

SPONSORED LINK

 

5. 日本でこそ、AI開発が極めて重要なんだ!

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170701122306j:plain

海外ではシンギュラリティ(技術的特異点)に到達することで、ASI(Artificial Super Inteligence)と呼ばれる人工超知能が生まれ、地球上の人間が壊滅させられると言われてます。

 

しかしながら、そんな未来がくるのでしょうか?

 

不安を感じながら生きるよりも、AI(人工知能)との共生を考えながら、新しい未来を選択する努力をする必要があるように感じます。

 

未来はひとりでに良くなることはあり得ません。

 

同様に、企業が新しい方向を向くためにもAI(人工知能)とロボティクスを通じた有意義なソリューションが必要です。

SPONSORED LINK

 

アクセンチュアのさらなる詳細を知りたい方へ。

SPONSORED LINK