『現在の人口知能の身近な例』

〜AIがすべてを変える〜

【AIと睡眠障害】AI(人工知能)x リモートセンシング技術が『パーキンソン病 / アルツハイマー病』の睡眠障害を解決する時代へ!

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170813065006p:plain

AI(人工知能)がパーキンソン病 / アルツハイマー病の睡眠障害を解決する時代へ!

 

AI(人工知能)のディープニューラルネットワーク(深層学習)に基づいたAIアルゴリズムリモートセンシング技術を用いた「パーキンソン病/アルツハイマー病の睡眠時障害の影響を調べる技術」を確立しました。

 

パーキンソン病アルツハイマー病の非運動障害では、睡眠障害が顕著に現れる傾向にあり、特に睡眠不足によるうつ・認知症の合併、幻覚妄想、パニック障害を引き起こす原因となる傾向があります。

 

簡単に言い換えれば、同研究では病気に苦しんでいる睡眠時の問題をAI(人工知能)のディープラーニングによって解決する道筋を示していると言えます。

 

SPONSORED LINK

 

1. AI(人工知能)技術がどうして「パーキンソン業・アルツハイマー病」を解決するのか?

パーキンソン病アルツハイマー病によって引き起こされる睡眠障害不眠症・睡眠時無呼吸は、非常に複雑な睡眠障害だとされています。

 

 

私たちは人間の睡眠時の状態を正しく理解しておらず、これらの病気の睡眠障害が引き起こす問題(うつ・認知症の合併、幻覚妄想、パニック障害) を治癒させる方法は確立されていません。

 

 

特に、人間の脳の睡眠時の活動を正確に理解していないことが問題の大きな要因となっていて、それらの問題をAI(人工知能)のディープラーニングリモートセンシング技術(ワイヤレスデバイス)によって新たに研究できるようになったことは、極めて重要な事実です。

 

 

また、睡眠中に起きうるてんかん発作などの主な睡眠時障害に対する改善策を見出す可能性もあり、期待されています。

 

 

人間の睡眠機能は重要な機能であり、もしも睡眠が脅かされる事があれば、それは記憶障害や重度の疾患につながる恐れがあるほどに、実は人間の生活には睡眠は切ってもきれない存在となっています。

 

 

最近、Wiredにて人間の脳が(脳細胞・神経細胞)が「記憶そのもの」であるという言及があるように、人間が人間たるための重要な脳機能を守るための重要な研究だと言えるでしょう。

 

 

・人間の脳が記憶そのものとはどういうことか?

記憶と脳の関係、そして記憶のメカニズムの詳細を明らかにする論文が発表されました。

 

 

研究結果によると、記憶とは「脳に蓄積される」ものではなく、脳が「記憶そのもの」であり、脳細胞やシナプスなどが「時間を理解」している

 

 

そうWiredにて伝えられた。

 

 

この時、AI(人工知能)の知の死角(Blinds of Angels)に潜んでいるブラックボックスこそが人間の脳細胞や神経細胞シナプス)の本当の姿を探る手段になるのだと実感しました。

 

 

また、同研究によれば脳そのものが記憶であり、脳は記憶のミリ秒単位の印象をつなぎ合わせて記憶を作り出すと言います。

 

 

それは、両目の視神経(シナプス)を通じて現実世界を脳が理解し、あたかも目が世界を認識しているかのような錯覚を覚えている事と似ている事実とも言えます。

 

 

両目が世界を知覚し、認識し、映像として私たちに見せているのではなく、あくまで脳が見た世界を私たちは世界として認識しています。

 

 

これを脳細胞の働きに言い換えれば、人間としての知覚的経験は常にニューロンの結び付きによって生じている現象にすぎず、また、記憶それ自体も脳が常に行なっている事実にすぎないのです。

 

SPONSORED LINK

 

 

 

2. AI(人工知能)はどんな風に働くのか?

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170813071320p:plain

まず、今回のAI(人工知能)は、人間の睡眠状態を大まかに4つの状態に分類します。

簡単なまとめ!!

・Awake

起きていて寝てはいない状態 => 覚醒状態

・Light Sleep

軽く寝ている状態 => レム睡眠状態

・Rapid Eye Movement

眼球が動いている状態 = レム睡眠へと向かう状態

・Deep Sleep

深い眠りの状態 => ノンレム睡眠状態

 

人間が深い眠り(ノンレム睡眠)に移行する時に、急速眼球運動(REMs<レムズ>=Rapid Eye Movements)がはじまります。この眼球運動の「REM<レム>」という頭文字から「レム睡眠」と呼ばれています。

 

 

これらの睡眠状態を、AI(人工知能)が以下のようにディープラーニングします。 

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170813071436p:plain

 

 

リモートセンシング技術によって、人間がただ寝ているだけで睡眠状態を認識し、その学習データを積み重ねることで「パーキンソン病アルツハイマー病」を改善していく重要なデータを取得していきます。

 

 

具体的には、次のような感じだそうです。

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170813072519g:plain

 

AIが人間の睡眠状態(脳の機能のひとつ)を学習し続ける時代に突入したのは、本当にすごいことだなぁーと感じながら、もしかしたらいつでも深い眠りに移行できるような研究にもつながるかもしれません。

 

ロングスリーパーとしては、早く実現してもらいたいものです。

 

SPONSORED LINK

 

 

 

3. さらに詳しく知りたい方は、こちらの動画をどうぞ!

 

 

SPONSORED LINK

 

 

 

参照

AI Algorithm Remotely Monitors Sleep - Geek.com

Artificial Intelligence Helps Monitor Sleep - Neuroscience News

 

SPONSORED LINK