『現在の人工知能の身近な例』

〜AIがすべてを変える〜

【AIとアルツハイマー】AI(人工知能)が早期アルツハイマー病診断へ!!様々な方向からアルツハイマー病完治へと動き出しています

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170813201939j:plain

こんにちは、AIブロガーです。

 

AI(人工知能)が早期アルツハイマー病診断へ!!様々な方向からアルツハイマー病完治へと動き出しています

 

特にアルツハイマー病に関する解決策は今後重要となるので、期待が高まります。

 

 

SPONSORED LINK

   

 1. 早期アルツハイマー病をAI(人工知能)がゴリゴリ機械学習し出した!!

Case Western Reserve Universityの研究者によって開発された新しい機械学習アルゴリズムは、早期アルツハイマー病(認知症の一種)を診断する新たな手段として期待されています。

 

 

厚生労働省の2015年1月の発表によれば、日本の認知症患者数は2012年時点で約462万人に達しています。

 

 

また、軽度の認知症患者も含めて2025年には約700万人にまで及ぶとされています。

 

 

厚生労働省も「2017年 / 成長戦略をつくる未来投資会議」において、AI(人工知能)の保険医療分野への活用を目指し、特に画像診断支援・ゲノム医療を中心に「医療・介護分野へのAI導入」を普及させる準備をしています。

 

 

AI(人工知能)の活用事例、または新たな研究事例はやはり海外の先行研究が先んじる傾向にある中で、今回の早期アルツハイマー病に対するAI活用は極めて重要な結果を生み出したと言えますね。

 

 

人間の脳機能に対するひとつの解決策をAI(人工知能)が提示しているのが、まさしく今回の事例と言える中で、私たちはもしかしたら今後の10数年間で圧倒的な変化を体感する時代に突入するかもしれません。

 

 

私の肌感覚で言えば、アルツハイマー病(認知症)とは、脳が現実世界を正しく認識することができなくなることで生じる病の一つであり、あまりにも複雑な脳のニューロン神経細胞)の働きに対する理解が及ばないことが大きな問題の一端だと感じています。

 

 

つまり、人間が人間の本質、脳の構造を理解しきれていない点が解決すべき問題です。

 

 

いわば、AI(人工知能)とは究極の勉強エリートであり、そのエリートが圧倒的な学習能力を機械学習によって体現し、人間には出来ないようなありえない学習結果を提示してくれるようになるという具合ですね。

 

 

SPONSORED LINK

   

参照

http://neurosciencenews.com/machine-learning-alzheimers-7305/?utm_content=buffer7f528&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer 

SPONSORED LINK

 

SPONSORED LINK