AIエンジニアの求人の探し方とは?|高度先端IT人材技術者としてAI(人工知能)エンジニアはどの程度の価値があるのか?

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180114112028j:plain

AIエンジニアの市場価値はどの程度あるのか?

 

高度先端IT人材技術者としてAI(人工知能)エンジニアはどの程度の価値があり、どうやってAIエンジニアの求人を探すのかをお伝えします。

 

 

1.AI(人工知能)エンジニアの市場価値とは?

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180126141402j:plainAIエンジニアの市場価値はAidemyCEO石川さんにインタビューした際は・・・ 

AIエンジニアの市場価値

Pythonエンジニアと同等の600万円〜

機械学習スキルの習熟度・スキルアップができれば年収アップ

年収レンジとして600万〜1500万程度の伸び率がある

と言った具合で「今後のエンジニア(技術者)の市場価値を考えて、8桁の金額を稼ぐだけのレンジを想定すると、AI(人工知能)・機械学習スキルを身につける事」は考えておくべき事項です。

 

今後の市場価値を考えると今後数年程度は求められる人材ですが、確かに、いまさらAIを学ぶのか?機械学習エンジニアを目指すのか?と勘ぐる方もいるでしょう。

 

しかし、バズワードとしての機械学習・AIが注目されがちですが「今後、サービス・製品にAI(人工知能)技術が当たり前に使われるようになれば、そのための機械学習スキルもエンジニア側が身につける必要性があるのは当然」と言えます。

 

現状、他に学びたい技術内容がないようなら、AIエンジニア関連のスキルを学んでおいて損はないですよ。

 

日経でAI_STANDARDの石井さんインタビュー

AI人材に対するニーズはうなぎ登りだ。

 

転職などを支援するリクルートエグゼクティブエージェントのエグゼクティブコンサルタントを務める渡辺博一氏は、「確かにAI関連の案件は増えています。優秀な人材なら年収2000万円ぐらいになるかもしれません。

 

しかし、まだ実際にAIの仕事をしている人は少なすぎて、採用するのは難しい状況です」という。

参照|文系でもAI人材に 学生起業家が挑む1万人育成

日経で石井さん(AI_STADARD CEO)のインタビュー記事によれば、年収2000万にまで到達するだろうAI人材もいる可能性を示唆しています。

 

確かに・・・

2000万overのAIエンジニアになるには?

深層学習エンジニアとして働けるスキル・実力

深層学習関連アルゴリズムを理解できる知識的背景

深層学習をソフトウェア・サービスに落とし込めるスキル

この辺りのスキルセットがある人材なら1500万円を超えてもおかしくないかなと。それくらいには人材がほぼいないですし、企業としても欲しいでしょう。しかし、このレベルの技術力だとGoogleとかYahooとかそこらへんの大企業くらいしかリクルートされないはずですね。

 

また、もはやAIエンジニアではなく「深層学習エンジニア」としてのスキルセットが必要なレベルの技術者と言えます。シンプルにAIエンジニアだけでも経験を積めば1000万程度は十分狙えます。

 

AIエンジニアとエンジニアの大きな違いとは?

一般的なエンジニア => ものづくりスキル

AIエンジニア=> データ解析スキル

AIエンジニアはAI(人工知能)に機械学習を行わせ、獲得した実験データを土台に精査していくデータサイエンスのスキルが求められます。

システム全体の設計ということではなく、人間の代わりに学習してくれるAI(人工知能)を通じてデータ処理、解析を行うのが主な仕事です。

 

2.AIエンジニアの市場価値はAIが普及したときに高まる

f:id:inaka-gurashi-saikou:20171231145948j:plain

AIエンジニアの市場価値は、現状ではまだ流動的です。企業としても「AI・機械学習・深層学習」を通じて利益を得るための施作をしたいでしょうが、まだまだ技術者不足と企業側の経験・リソース不足が続いている状況です。

 

言い換えれば、まだまだ黎明期にあると言い切って良いでしょう。

 

今後数年の間に、AI(人工知能)・機械学習を通じたサービスの運用、商品開発はますますポピュラーになる反面、AIエンジニア・機械学習エンジニアの母数は少なさに比例して需要が増すと言えます。

 

AI・機械学習を企業が有効活用しようとした動きは、ここ4.5年の動きです。バズワードと化したAI関連の職種の相対的な需要増大の準備をするなら、今のうち。と考えた方が懸命です。 

ビジネスIT|NASA 小野雅裕氏に聞く、なぜ宇宙では「C言語」が使われるのか。にて

現在は第3次AIブームだと言われて、多くの人がAIを脅威に感じているかもしれません。

 

しかし、現場にいる私の感覚としては「AIは人間にはまだほど遠い」と考えています。私が開発しているAIと1歳半の娘を比較すると、後者の学習能力には歯が立ちません。基本的に今のAIはある目的に特化していて、非常に限定的に利用されています。

 

まだまだ、AIはツールでしかありません。  いつかAIが人間の汎用性を確立する日は来ると思いますが、まだ先の話でしょう。AIを恐れる必要は全くありません。AIは人間を単純作業から解放するツールであり、AIを活用することで、人々はもっともっとクリエイティブな仕事ができるようになります。

参照|NASA 小野雅裕氏に聞く、なぜ宇宙では「C言語」が使われるのか

 NASAで研究者をしている小野さんのお話が興味深かったです。

 

上記のお話は「弱いAI|特化型AI」と「強いAI|汎用型AI」との違いに着目し、まだまだAIが「人間の行動の一部を代替する機械」にすぎず「人間それ自体を飛び越える知性・能力を有していない事実」を伝えています。

 

AIを企業が利用しているケースもほぼ似たような状況で、まだまだ深層学習を商品・サービスに落とし込めている事例はニュースに上がりません。特に、機械学習を通じて今まで見えなかった事例を見出すための機会を得る動きが顕著です。

 

 

 AI(人工知能)の需要は伸びているが、まだまだ発展途上

 

 

そう考えた上で、新たなスキルセットとしてAI(人工知能)・機械学習関連を学習しておくのは良い選択だと言えます。

 

3.AIエンジニア求人の探し方|AIエンジニアに採用される方法

f:id:inaka-gurashi-saikou:20171225133208j:plain

エンジニアからAI(人工知能)エンジニアへ転職するなら「OJT・研修のしっかりとしたAI開発をした企業でAI開発の経験を積んで、成長する道」がおすすめです。

 

Aidemyという手段もありますが「20万円程度支払う有料のスクール」なので、未経験からAI業界でいちから勉強するのは少し不安だ。と感じるエンジニアが通うべきです。

 

中堅どころのエンジニアとして「次のキャリアを考えつつ、新たにステップアップしたい」「新しい技術を学びたい。触りたい」「もう、うちの会社じゃ学ぶことがない・・・。」と強く感じているなら、十分挑戦できる市場があります。

  

特に急に転職となると焦ってしまうので、事前に転職エージェントに希望条件を伝えておいて、希望のポストが出てきたら連絡を貰うというスタンスを取るのが良いと思います。

 

そして、信頼できるエージェントと緩く繋がっておくと、何かあったらすぐに相談できるようになるため、精神衛生上良い効果を発揮します。

 

オプション(幅広い選択肢)を持っておくと安心感が生まれますので、おすすめです。

 

4. aiエンジニア・ai転職サイト選びのコツ

転職サイト選びは大事です。どの転職サイトを選ぶか、によって、出会う企業は変わりますし、年収や転職成功率も違います。

 

本格的に転職することを決めたときには、複数の転職サイトを活用して比較する方がいいですが、転職しようか検討中の段階であれば、まずは自分にあった転職サイトを1つ選び、その転職サイトを中心に求人情報を見ることをおすすめします。

 

おすすめの転職サイトランキングを参考に自分にあった転職サイトを選んでください。

 

第1位 エンジニアのAI業界転職満足度・転職成功率No.1 :レバテックキャリア

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180119020516p:plain

おすすめ度:★★★★★

求人数:★★★★★

使いやすさ:★★★★★

年収アップ率:★★★★☆

転職サポート:★★★★★

 

レバテックキャリア」 では業界最大手のAIエンジニア(人工知能エンジニア・機械学習エンジニア・深層学習エンジニア)の求人があり、非公開求人を含めて需要が高まるAI業界を目指す上で良い方向を目指せます。

 

2020年〜2025年に向けてエンジニアにとってAI関連技術の理解を深めることは必須であり、GoogleがCloud Auto MLを無料で企業が利用できるようになったことからもAI(人工知能)業界を目指す方向は今から考えた方が賢明です。

 

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180119021529p:plain

エンジニア/プログラマーに特化した専門求人・IT業界に精通したプロのキャリアアドバイザーがあなたにとって納得できる仕事・企業と出会えるための手厚いサービスをしてくれます。

 

レバテックキャリアは、IT・Web系エンジニア・クリエイター専門の転職エージェントです。 スキルと経験の市場価値を知り尽くしたエージェントが、「強みを活かした転職」を提案してくれます。

 

エンジニアとしてAI業界を目指すならレバテックキャリアは必ず登録しておくエンジニア専門の転職エージェントです。

レバテックキャリアがおすすめの理由はこちら

 

レバテックキャリアに登録する

レバテックキャリアはエンジニア専門の転職エージェントなので、非エンジニアでない場合はパソナキャリアを利用することをおすすめします。

 

第2位 未経験のAI転職満足度・転職成功率No.1 : パソナキャリア

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170823132220p:plain

おすすめ度:★★★★★

求人数:★★★★★

使いやすさ:★★★★★

年収アップ率:★★★★☆

転職サポート:★★★★☆ 

 

パソナキャリア」では、AI人材の転職成功率も高く、また良いIT企業、AIベンチャーへの推薦も合わせて行ってくれるので、AI関連職種への転職にはおすすめです。

 

ブラックIT企業に関する情報まで網羅的に調査をしているので、転職者にとっても重要な情報を持つエージェントが数多く在籍しています。

 

業界に精通した彼らだからこそ、ハイレベルの給与交渉が可能となっているのです。

 

また親切な対応も高く評価されており、人工知能で今の年収を上げたい方は、まずは情報収集目的で無料会員登録をおすすめします。

 

転職エージェント(就職・転職の全面的なお手伝いをする企業人)を通じて、AI(人工知能)関連職種への挑戦をして下さい。 

 

また、パソナキャリアでお預かりしている求人の80%は非公開求人で、特に最先端技術に関する求人をお探しの場合は非公開求人を含め、キャリアアドバイザーより丁寧に紹介してもらえるのが魅力です。

 

AI関連職種への進路をどうしようか悩んでいるかたにおすすめの転職サイトです。

 

パソナキャリアがおすすめの理由はこちら

 

パソナキャリアに登録する

 

第3位 AI(人工知能)エンジニア求人特化!AI転職成功率No.1 : Geekly

f:id:inaka-gurashi-saikou:20171125091458p:plain

おすすめ度:★★★★★

求人数:★★★★☆

使いやすさ:★★★★★

年収アップ率:★★★★★

転職サポート:★★★★★ 

 

Geekly 」では、AI(人工知能)エンジニアへの転職成功率も高く、IT業界・Web業界・ゲーム業界と「IT業界全般へのAIエンジニア転職支援」に特化しているのでおすすめです。

 

IT業界で3年以上の転職支援実績を持つキャリアコンサルタントが、今のIT業界、AI業界への転職の道を極めて明確に、かつ、親身に応援してくれます。

 

業界に精通した彼らだからこそ、ハイレベルの給与交渉が可能となっているのです。

 

また、親切な対応も高く評価されており、AI(人工知能)エンジニアで今の年収を上げたい技術職の方は、まずは無料登録から始めてみてください。

 

そして、転職エージェント(就職・転職の全面的なお手伝いをする企業人)を通じて、AI(人工知能)エンジニア関連職種への挑戦をして下さい。 

 

また、Geeklyでお預かりしている求人の80%は非公開求人で、特にAI関連の最先端技術に関する求人をお探しの場合は非公開求人を含め、キャリアアドバイザーより丁寧に紹介してもらえるのが魅力です。

 

AIエンジニアへのキャリアをどうしようか悩んでいるにおすすめの転職サイトです。

  

最後に注意点です。

 

Geeklyは「渋谷の本社で面談ができる真剣なプログラマー・エンジニア」にのみ注力する少数精鋭・IT業界専門の転職サイトです。その点を確認してからGeeklyをご覧頂ければ幸いです。

 

Geeklyがおすすめの理由はこちら

 

Geeklyに登録する

 

 

全国のAI(人工知能)エンジニア求人をお探しなら「パソナキャリア」がおすすめです。

 

第4位 誠実で頼りになる転職実績/年収アップ率No.1 : アールストーン

f:id:Change-before-you-have-to:20171125135539p:plain おすすめ度:★★★★★

求人数:★★★★☆

使いやすさ:★★★★☆

年収アップ率:★★★★☆

転職サポート:★★★★★

 

機械学習ディープラーニング関連のAI(人工知能)エンジニアを目指すなら「アールストーン」がおすすめです。

 

アールストーンでは「誠実で頼りになるキャリアドクター(RStoneの転職担当者)」が、常に5年先のエンジニアとしてのキャリアカウンセリングを行ってくれます。 

 

また、いくつものキャリアプランを提案した後に「今の企業で転職せずに経験を積んだ方が良い」と転職をしない選択肢も合わせて伝えてくれます。

 

エンジニアにとって「本当に良いと思える転職をしてもらいたい」という強い思いからアールストーンは求人を教えてくれるので、安心して転職活動に望めますね。

  

特に、リクルートキャリアが主催する「グッドエージェント賞(どれだけ真剣に、転職者や採用企業のことを考えて、転職エージェントとしての仕事をしたか)を多数受賞している」ので、もし転職をする。しないという選択を真剣に選べます。

 

はじめての転職で転職事情が分からない。親身な相談相手が欲しい

 

まずはエンジニアのキャリアに関して転職相談してみたい」という方は、ぜひアールストーンを利用してみてください。

アールストーンがおすすめの理由はこちら

 

アールストーンに登録する

 

AI(人工知能)エンジニア・機械学習エンジニアを目指すならAidemy(アイデミー)

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180116235231p:plain

詳細 => エンジニア・システムエンジニアが人工知能(AI)を学習しAIエンジニアへ!|AI(人工知能)業界へai就職、転職することも可能です。 - テクニティノイモシニ