大手IT企業にAIエンジニアとして就職、転職する理由とは?|AI(人工知能)業界は注目を集めつつ、AI技術的成長とAI市場の掘り起こしが起き続けます。

AI業界・AI市場・AI技術など「AI技術に関連した職種、職業に注目が集まる2018年」というイメージがあると思います。実際、ニュース、AIエキスポ、テレビでもAI(人工知能)に関連した話題がホットワードになっている状況です。

 

誰もがAI人材を目指せるわけでもない反面・・・

 

AI領域に対して親和性を高めながら新しい技術に触れたい

IoTにAI(人工知能)が少しずつ融合していくかもしれない

AI + Add onで働ける大手企業が少しずつ増えていくに違いない

年収比率を高めるためにAI技術を学んで成長したい

 

など、今後のAI業界はある限られたレイヤー層に対して極めて高い需要を持ちつつ、技術的背景などから供給されずらい人材層だと言えます。

 

そこで、今回は大手IT企業でAIエンジニアになる方法をお伝え致します。

 

エンジニアがAIエンジニアを目指す前に、知るべき結論

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180221002114j:plain

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180211050353j:plain

「AIエンジニアを目指したい人の要件」

AI・機械学習・深層学習関連スキルに強い興味があって触れてみたい

AI・データサイエンス領域のキャリアを伸ばしたい

AI・機械学習関連のスキルは今後マストになるから、身につけておきたい

AIエンジニアは、まだ需要が下火です。

しかし、今後さらにAI・機械学習関連の技術を利用したサービス・製品はどんどん市場に投下され、需要はますます増加していきます。

将来を見据えたキャリアを考えるならAIエンジニアを目指すことは最良です。

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180119020516p:plain

レバテックキャリア」 では業界最大手のAIエンジニア(人工知能エンジニア・機械学習エンジニア・深層学習エンジニア)の求人があり、非公開求人を含めて需要が高まるAI業界を目指す上で良い方向を目指せます。

エンジニアとしてAI業界を目指すならレバテックキャリアは必ず登録しておくエンジニア専門の転職エージェントです。

レバテックキャリアの詳細

 

レバテックキャリアに登録

 

お読みいただき、ありがとうございます。

ここからは、具体的な大手IT企業でAIエンジニアを目指す理由をお伝えします。

0.企業がAI(人工知能)を導入したい本当の理由とは?

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180405132146p:plain

AI業界、ないしAI技術を欲しがる大手IT企業・ITベンチャーは前提として「市場の中で生き残りたいからAI技術を貪り、自社製品・自社サービスに応用したい」と考えていると思って良いと考えています。

 

2018年の最近の動向では「Yahoo!・DMM・リクルートDeNA」など名だたる大手IT企業がAI人材(研究者・データサイエンティスト)を高い値段で欲している状況があります。

 

「大手IT企業が新たなAI市場に対応して、生き残りたい」

 

そう考えた行動施作があると予測して動くと、利回りの良い状況になれます。

DeNAはKaggler/カグラー(Kaggle人材)を求める

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180405134046p:plain

DeNAが4月から実施する、データサイエンス力強化のための新制度は「Kaggle社内ランク」

 

Kaggleでの実績に応じて、採用時にランクBからSSまで4段階に分類する。このランクにひもづく人材は、最低でも業務時間の20%は、Kaggleに充てることができる。

参照|激化する「Kaggle人材」| BUSINESS INSIDER JAPAN

DeNAリクルートなどの超有名大手IT企業は、圧倒的な技術力を持ったAIエンジニア・データサイエンティスト・MLエンジニアを必要としてて、その背景から「Kaggle」で結果を出す技術者を求めている状況です。

 

Kaggleは競技系プログラミング領域である反面、高い技術力と課題解決力がなければ高いスコアを狙うことはできないのでAIエンジニアとしての実力を養成する試験には極めて親和性が高いと言えます。

Kaggleで結果を出すだけしか方法がないのか?

全てのAIエンジニアがKaggleでハイスコアを出してKaggleマスターになれたら良いのですが、現実はそうはいかないでしょう。

 

IPAが2020年までに不足すると予測している約5万人の高度IT人材(AIエンジニアなど)のうちの1%がKaggleマスターになれたら良いレベル感でそれ以外のAIエンジニアはAI・機械学習プログラミングスキルを持ち合わせておけば良いと言えます。

1.大手IT企業がAIエンジニアを求めている?

AI技術を活用している大手IT企業の例

リクルート|スタディサプリ:AI家庭教師ロボット機能のネット教育アプリ

クックパッドクックパッド:AI料理画像判別技術活用の「料理きろく」

メルカリ|メルカリ:AI画像分析を利用した商品名推測、自動入力機能

コマツ|AI無人運転技術:鉱山採掘サービス請負をするサービス

トヨタ|カーシェア:AI分析によるカーシェアリング

*日本のタイムズカープラスなどカーシェアサービスと提携し「Uber」「Lift」などのサービスに負けないようにしている

多くの大手企業、大手IT企業がAI(人工知能)技術を自社サービス・商品に組み込んでいく背景は「AI革命・IoT革命」などの時代の波に飲み込まれていく中で、構造的・持続的に「稼ぎ続けるビジネスモデル・競争優位モデル」を構築したいからです。

 

AI技術それ自体は一定量に関しては「企業内部のブラックボックス」になるでしょうが、それすらも機会学習させてしまえば優位性は0に近づきます。

 

急速に変化しづつける環境の中で他社に代替されない、再現性の低い商品、サービスを販売していくことで、大手企業の生存確率は高まるのです。

 

しかるに、

 

大手企業が市場の中で生き残りを図るために「AIエンジニア・データサイエンティスト・MLエンジニア」を少ない人材数(高度IT人材)の中から見つけ出し、また、自社で育成していく動きは今後ますます伸びていくでしょう。

おすすめのAIエンジニア転職サイトこちら

2.日本の大手企業は約1万社|残された席はあと10万席

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180410150545p:plain

参照|http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/27FY/ITjinzai_report_summary.pdf

日本の大手企業は約1万社程度となりIPAが2020年までに不足するとしている高度IT人材(AIエンジニア・データサイエンティスト・MLエンジニア)は約5万人です。

 

しかし、大手IT企業が最低でも必要とするAIエンジニアの平均数は5〜10人だと予測できるのでIPAの数値は最低値として考えておくと良いでしょう。

 

そう考えると大手企業1万社に対して5〜10人なので残席数は10万席程度となります。

 

IPAの数値は最低値+他の高度IT人材も含んだ総数になるので、現状のAIエンジニアへの需要の高さを考えれば上記のイメージ感で問題ないと考えています。

現役AIエンジニアの感覚では2018年後半にさらに動き加速

現役AIエンジニアの方とお話させて頂ける機会にて「2018年後半からAIエンジニアに対する企業の需要がさらに高まる」と言ったお話を頂きました。

 

まだ水面下で大手が動き回っている状況ですが、さらに表面化しつつ当たり前にAI関連のプロジェクト・業務への理解を持つエンジニア需要が増える見込みです。

 

AI人材の採用を本格化するのが2018年後半からでしょう。

大企業のPoCが一巡して必要なスキルセットを理解し、人材戦略に落とし込めるようになります。

参照|AI人材の年収が高い理由は?

その方のブログでも同様のお話がありましたので、そうした動向があると覚えておくとより効果的な行動ができると考えます。

おすすめのAIエンジニア転職サイトこちら

3.AIエンジニアを目指すのはお金か?技術か?

AIエンジニアをエンジニアが目指す時、お金か?技術か?で悩むでしょう。

 

大手IT企業をターゲットにした場合は「最新のAIを活用した商品、サービスなどビジネスドメインも含めた関わり方ができる点」が有益だと考えています。

 

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180303104651p:plain

AIエンジニア・データサイエンティスト・機械学習エンジニアがより高い領域で楽しく仕事するには、大手IT企業で働くべきでしょう。なぜなら大手以外の99%の会社の場合は「大手が作ったサービス・商品を利用する」だけになる恐れが大きいためです。

 

例えば、大手サッポロは野村総合研究所NRI)の「TRAINA(チャットボットAI)」を導入することで経営のスリム化を図っていますが、これも同社サッポロが開発した訳ではなくユーザー企業としてAI活用をしている状況です。

 

つまり、IT領域での大企業へエンジニアとして働くことが、結果的に技術的にもお金的にも満足いく働き方を実践できると本ブログでは仮定しています。

4. aiエンジニア・ai転職サイト選びのコツ

転職サイト選びは大事です。どの転職サイトを選ぶか、によって、出会う企業は変わりますし、年収や転職成功率も違います。

 

本格的に転職することを決めたときには、複数の転職サイトを活用して比較する方がいいですが、転職しようか検討中の段階であれば、まずは自分にあった転職サイトを1つ選び、その転職サイトを中心に求人情報を見ることをおすすめします。

 

おすすめの転職サイトランキングを参考に自分にあった転職サイトを選んでください。

 

第1位 エンジニアのAI業界転職満足度・転職成功率No.1 :レバテックキャリア

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180119020516p:plain

おすすめ度:★★★★★

求人数:★★★★★

使いやすさ:★★★★★

年収アップ率:★★★★☆

転職サポート:★★★★★

 

レバテックキャリア」 では業界最大手のAIエンジニア(人工知能エンジニア・機械学習エンジニア・深層学習エンジニア)の求人があり、非公開求人を含めて需要が高まるAI業界を目指す上で良い方向を目指せます。

 

2020年〜2025年に向けてエンジニアにとってAI関連技術の理解を深めることは必須であり、GoogleがCloud Auto MLを無料で企業が利用できるようになったことからもAI(人工知能)業界を目指す方向は今から考えた方が賢明です。

 

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180119021529p:plain

エンジニア/プログラマーに特化した専門求人・IT業界に精通したプロのキャリアアドバイザーがあなたにとって納得できる仕事・企業と出会えるための手厚いサービスをしてくれます。

 

レバテックキャリアは、IT・Web系エンジニア・クリエイター専門の転職エージェントです。 スキルと経験の市場価値を知り尽くしたエージェントが、「強みを活かした転職」を提案してくれます。

 

エンジニアとしてAI業界を目指すならレバテックキャリアは必ず登録しておくエンジニア専門の転職エージェントです。

レバテックキャリアがおすすめの理由

 

レバテックキャリアに登録する

 

レバテックキャリアはエンジニア専門の転職エージェントなので、エンジニアでない場合はWORKPORT を利用することをおすすめします。

 

第2位 未経験のAI転職満足度・転職成功率No.1 :WORKPORT

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180311034051p:plain

おすすめ度:★★★★★

求人数:★★★★★

使いやすさ:★★★★★

年収アップ率:★★★★☆

転職サポート:★★★★☆ 

 

WORKPORT 」では、AI人材の転職成功率も高く、また良いIT企業、AIベンチャーへの推薦も合わせて行ってくれるので、AI関連職種への転職にはおすすめです。

 

ブラックIT企業に関する情報まで網羅的に調査をしているので、転職者にとっても重要な情報を持つエージェントが数多く在籍しています。

 

業界に精通した彼らだからこそ、ハイレベルの給与交渉が可能となっているのです。

 

また親切な対応も高く評価されており、人工知能で今の年収を上げたい方は、まずは情報収集目的で無料会員登録をおすすめします。

 

転職エージェント(就職・転職の全面的なお手伝いをする企業人)を通じて、AI(人工知能)関連職種への挑戦をして下さい。 

 

また、Workportでお預かりしている求人の80%は非公開求人で、特に最先端技術に関する求人をお探しの場合は非公開求人を含め、キャリアアドバイザーより丁寧に紹介してもらえるのが魅力です。

 

AI関連職種への進路をどうしようか悩んでいるかたにおすすめの転職サイトです。

AI業界専門のWORKPORTの詳細はこちら

 

AI業界専門のWORKPORTに登録する

 

第3位 AI(人工知能)エンジニア求人特化!AI転職成功率No.1 : Geekly

f:id:inaka-gurashi-saikou:20171125091458p:plain

おすすめ度:★★★★★

求人数:★★★★☆

使いやすさ:★★★★★

年収アップ率:★★★★★

転職サポート:★★★★★ 

 

Geekly」では、AI(人工知能)エンジニアへの転職成功率も高く、IT業界・Web業界・ゲーム業界と「IT業界全般へのAIエンジニア転職支援」に特化しているのでおすすめです。

 

IT業界で3年以上の転職支援実績を持つキャリアコンサルタントが、今のIT業界、AI業界への転職の道を極めて明確に、かつ、親身に応援してくれます。

 

業界に精通した彼らだからこそ、ハイレベルの給与交渉が可能となっているのです。

 

また、親切な対応も高く評価されており、AI(人工知能)エンジニアで今の年収を上げたい技術職の方は、まずは無料登録から始めてみてください。

 

そして、転職エージェント(就職・転職の全面的なお手伝いをする企業人)を通じて、AI(人工知能)エンジニア関連職種への挑戦をして下さい。 

 

また、Geeklyでお預かりしている求人の80%は非公開求人で、特にAI関連の最先端技術に関する求人をお探しの場合は非公開求人を含め、キャリアアドバイザーより丁寧に紹介してもらえるのが魅力です。

 

AIエンジニアへのキャリアをどうしようか悩んでいるにおすすめの転職サイトです。

  

最後に注意点です。

 

Geeklyは「渋谷の本社で面談ができる真剣なプログラマー・エンジニア」にのみ注力する少数精鋭・IT業界専門の転職サイトです。その点を確認してからGeeklyをご覧頂ければ幸いです。

Geeklyがおすすめの理由はこちら

 

Geeklyに登録する

全国AI(人工知能)エンジニア求人をお探しなら「レバテックキャリアがおすすめです。