AIエンジニアの中途採用|AIエンジニアを募集・中途採用しているIT企業の探し方とは?

AIエンジニアの中途採用事例

現役エンジニアがAIエンジニアへ中途採用されたい

現役エンジニアが未経験からAIエンジニアへ中途採用されたい

AIエンジニアが他社へ中途採用したい

これらの条件に合わせて各事案をお伝えします。 

 

1.現役エンジニアがAIエンジニアへ中途採用されたい場合は?|未経験の場合も含む

AIエンジニアの中途採用事例

現役エンジニアがAIエンジニアへ中途採用されたい

現役エンジニアが未経験からAIエンジニアへ中途採用されたい

ここではこの2つの事例に答えます。

AIエンジニアに中途採用から転職する場合、実務未経験・開発経験なしの場合は採用されません

 

生え抜きではないAIエンジニアを募集しているIT企業は即戦力と言わずとも自己学習しながらAI(人工知能)による機械学習+モデル構築+ビジネス活用までを一挙に行えるだけのジェネラリストとしてのスキルと実力を要求されます。

 

今までのエンジニアリングの場合、技術による開発経験があり、求められた要件に基づくシステム・サービスを開発することが第一義の要件でした。

 

しかし、AIエンジニア・機械学習エンジニアサイドの場合はビジネスドメインに対する理解と同時に、技術力で持って課題を全社的に解決していく姿勢を求められます。

 

 

エンジニアリング+機械学習スキル => AIエンジニア

 

 

これらの式化を当ブログでは好んで利用していましたが、2018年〜2020年の段階では「企業が抱える課題に対して機械学習スキルを通じて解決する技術以外の要件」を極めて明確に求められる傾向にあります。

AIエンジニアにはビジネス+スキルが求められる

AIエンジニアは企業ドメインの「ビジネス」が対象となるので、データ解析スキル・統計スキル・機械学習スキルと共に、社会一般のビジネス領域で通用するモデルを考案し、システムに落とし込む実力が求められます。

 

前提として、何もかもできるAIエンジニアにはなれません。

 

AIエンジニアとして機械学習・AIに対する理解力を高めながらも、ビジネスドメインに対する理解を持って課題を解決することが重要になります。

AIエンジニアはモデル評価手法の方が大事?

 AIエンジニアに数学が必要なのは当然としても、実務でAIに機械学習させた場合、エンジニアサイドがモデルをどう評価するのかを意識してください。

 

モデルの評価手法がそのままアウトプットに直結するためです。

 

AIは与えられた課題を延々に回答し続けるシステムにすぎません。

 

具体的に課題を設計し、機械学習モデルが学習した内容を評価する側のAIエンジニアのモデル評価手法が極めて重要になります。

AIエンジニアへ中途採用されたい時に使いやすい転職サイト

転職サイト選びは大事です。どの転職サイトを選ぶか、によって、出会う企業は変わりますし、年収や転職成功率も違います。

 

本格的に転職することを決めたときには、複数の転職サイトを活用して比較する方がいいですが、転職しようか検討中の段階であれば、まずは自分にあった転職サイトを1つ選び、その転職サイトを中心に求人情報を見ることをおすすめします。

 

おすすめの転職サイトランキングを参考に自分にあった転職サイトを選んでください。

未経験者向け| AI未経験の現役エンジニア転職満足度・転職成功率No.1 :WORKPORT

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180311034051p:plain

おすすめ度:★★★★★

求人数:★★★★★

使いやすさ:★★★★★

年収アップ率:★★★★☆

転職サポート:★★★★☆ 

 

WORKPORT 」では、AI人材の転職成功率も高く、また良いIT企業、AIベンチャーへの推薦も合わせて行ってくれるので、AI関連職種への転職にはおすすめです。

 

ブラックIT企業に関する情報まで網羅的に調査をしているので、転職者にとっても重要な情報を持つエージェントが数多く在籍しています。

 

業界に精通した彼らだからこそ、ハイレベルの給与交渉が可能となっているのです。

 

また親切な対応も高く評価されており、人工知能で今の年収を上げたい方は、まずは情報収集目的で無料会員登録をおすすめします。

 

転職エージェント(就職・転職の全面的なお手伝いをする企業人)を通じて、AI(人工知能)関連職種への挑戦をして下さい。 

 

また、Workportでお預かりしている求人の80%は非公開求人で、特に最先端技術に関する求人をお探しの場合は非公開求人を含め、キャリアアドバイザーより丁寧に紹介してもらえるのが魅力です。

 

AI関連職種への進路をどうしようか悩んでいるかたにおすすめの転職サイトです。

Workportがおすすめの理由

 

WORKPORTに登録する

 

経験者向け|AI開発・スキルのある現役エンジニアのAI業界転職満足度・転職成功率No.1 :レバテックキャリア

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180119020516p:plain

おすすめ度:★★★★★

求人数:★★★★★

使いやすさ:★★★★★

年収アップ率:★★★★☆

転職サポート:★★★★★

 

レバテックキャリア」 では業界最大手のAIエンジニア(人工知能エンジニア・機械学習エンジニア・深層学習エンジニア)の求人があり、非公開求人を含めて需要が高まるAI業界を目指す上で良い方向を目指せます。

 

2020年〜2025年に向けてエンジニアにとってAI関連技術の理解を深めることは必須であり、GoogleがCloud Auto MLを無料で企業が利用できるようになったことからもAI(人工知能)業界を目指す方向は今から考えた方が賢明です。

 

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180119021529p:plain

エンジニア/プログラマーに特化した専門求人・IT業界に精通したプロのキャリアアドバイザーがあなたにとって納得できる仕事・企業と出会えるための手厚いサービスをしてくれます。

 

レバテックキャリアは、IT・Web系エンジニア・クリエイター専門の転職エージェントです。 スキルと経験の市場価値を知り尽くしたエージェントが、「強みを活かした転職」を提案してくれます。

 

エンジニアとしてAI業界を目指すならレバテックキャリアは必ず登録しておくエンジニア専門の転職エージェントです。

レバテックキャリアがおすすめの理由

 

レバテックキャリアに登録する

 

レバテックキャリアはエンジニア専門の転職エージェントなので、エンジニアでない場合はWORKPORT を利用することをおすすめします。

2.AIエンジニア(現役)が中途採用先を探す場合はどうするべきか?

AIエンジニアの中途採用事例

AIエンジニアが他社へ中途採用したい

ここではこの1つの事例に答えます。

極めて少ないとは思いますが...、Kaggerのマスタークラス or 企業でAI開発 or AI(機械学習スキル保持)で、新たに他社へAIエンジニアが中途採用されたい場合を伝えます。

 

このブログでは、Workport・レバテックキャリアを押していますが、恐らくAIエンジニアサイドとして中途採用されたい場合は「技術的な領域・新しい領域」に興味を持って行動するパターンが第一義になるかと考えます。

 

その場合は、Workport・レバテックキャリアはおすすめできません。

 

Workportは未経験

レバテックキャリアは高い年収

 

と言った抽象化ができるので、AIエンジニア(現役)が欲しい方向へ進むなら「Geekly」がおすすめです。

AI(人工知能)エンジニア求人特化!AI転職成功率No.1 : Geekly

f:id:inaka-gurashi-saikou:20171125091458p:plain

おすすめ度:★★★★★

求人数:★★★★☆

使いやすさ:★★★★★

年収アップ率:★★★★★

転職サポート:★★★★★ 

 

Geekly」では、AI(人工知能)エンジニアへの転職成功率も高く、IT業界・Web業界・ゲーム業界と「IT業界全般へのAIエンジニア転職支援」に特化しているのでおすすめです。

 

IT業界で3年以上の転職支援実績を持つキャリアコンサルタントが、今のIT業界、AI業界への転職の道を極めて明確に、かつ、親身に応援してくれます。

 

業界に精通した彼らだからこそ、ハイレベルの給与交渉が可能となっているのです。

 

また、親切な対応も高く評価されており、AI(人工知能)エンジニアで今の年収を上げたい技術職の方は、まずは無料登録から始めてみてください。

 

そして、転職エージェント(就職・転職の全面的なお手伝いをする企業人)を通じて、AI(人工知能)エンジニア関連職種への挑戦をして下さい。 

 

また、Geeklyでお預かりしている求人の80%は非公開求人で、特にAI関連の最先端技術に関する求人をお探しの場合は非公開求人を含め、キャリアアドバイザーより丁寧に紹介してもらえるのが魅力です。

 

AIエンジニアへのキャリアをどうしようか悩んでいるにおすすめの転職サイトです。

  

最後に注意点です。

 

Geeklyは「渋谷の本社で面談ができる真剣なプログラマー・エンジニア」にのみ注力する少数精鋭・IT業界専門の転職サイトです。その点を確認してからGeeklyをご覧頂ければ幸いです。

Geeklyがおすすめの理由

 

Geeklyに登録

AIエンジニアを目指す方法

詳細 => aiエンジニアになるには?|AI(人工知能)エンジニアになる方法。エンジニア・プログラマー編 - テクニティノイモシニ