『現在の人工知能の身近な例』

〜AIがすべてを変える〜

【AIと脳科学】AI(人工知能)とThe Chana Brain Project(中国脳プロジェクト)の関係性について。僕たちはAIが人間を解明する時代をまさに生きている【論文読み】

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170813201939j:plain

こんにちは、AIブロガーです

 

The China Brain Project(中国脳プロジェクト)では、主に脳疾患診断と翻訳研究の基礎となる脳神経メカニズムに関する基礎研究を行なっています。

 

ここ数年、欧州、米国、日本で開始された大規模な脳科学に関するプロジェクトによって、脳研究の重要性を世界的に認識してきました。

 

特に、中国科学技術省と中国自然科学財団が主催する多くの戦略会議における中国科学者の間の議論では、神経科学の普遍的な目標である人間の認知の神経基盤を理解することが中国の中心的柱を形成することにつながるとしています。

 

AI(人工知能)を知ることは、結果として人間、言い換えれば人間それ自体を意味する「脳」を解明することに繋がります。

 

これは、今後AI先進国となりうる中国にとっては意味のある選択です。 

 

SPONSORED LINK

   
 

1. 脳科学とAI(人工知能)が何を見出すのか?

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170802132249j:plain

脳科学による認知過程を理解することは、人間それ自体(脳)への理解の究極課題です。

 

 

神経システムや神経系や細胞や分子への行動から、異なるレベルで観察される現象間の因果関係を機械的(AI / 人工知能)よって理解することで、さまざまなレベルの認知に関連する現象の記述だけでなく、脳イメージング技術の急速な進歩・分子生物学・細胞生物学の巨視的および顕微鏡的レベルで脳を理解することに多くの進歩がありました。

 

 

しかし、メゾスコピック(中間域)なレベルでは私たちの知識には大きなギャップがあります。

 

 

我々は、異なる脳領域における特定のタイプのニューロン神経細胞)からどのように神経回路が組み立てられるか、および認知過程および行動の間にどのように特定の神経回路が信号処理機能を果たすかについてほとんど知っていない。

 

 

これには、単一細胞分解能およびニューロン活動の時空間的パターンにおける神経回路のアーキテクチャに関する詳細な情報が必要となります。

 

 

最近、東大の研究グループがAI(人工知能)研究を行う際に生じるブラックボックス(自動化されたシステムで人間が認知観測できない莫大な盲点の集合)を、Knowledge Blind Angels(知の死角)と定義しています。

 

これらの人間が理解していない死角部分を新たに理解することで、人間は人間それ自体を新たに理解するという具合です。

 

SPONSORED LINK

 

2. AIが人間の『脳』を読み解くための方法

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170723142930j:plain

2016年の論文から読み解ける内容として、技術的な問題は基礎知識として無理だとしても、人間の脳の構造を新たに紐解くために以下の要素が重要だという点です。

 

簡単なまとめ!!

AI(人工知能)によるDeep Neural Network(ディープラーニング

人口意識と呼ばれる数学的な脳の解明

=> 日本では株式会社アラヤが数理的に人口意識を作り出そうとしています。

脳科学 / 神経科学 / AIとの融合によるシナジー効果

=> これはGoogleのDeepMind Dr.ハッサビスが提出した論文「Neuroscience-Inspired Artificial Intelligence」によって言及されています

 

個人的な考えとして、AI(人工知能)が持ち合わせている圧倒的なまでの勉強エリートぶりが、結果として人間それ自体を解明する時代に僕たちは生きていると思うと、ドラえもんの世界もあながち遠くないとさえ思っています。

 

 

確かに、人間の脳の働きはシナプス神経細胞)のOn Offにすぎないけれど、その複雑すぎる細胞ネットワークの関連性を有機的に解明することが、人間側にはできないかった。けれど、AI(人工知能)はそれを為すんですよね。

 

 

本当に少しずつだけど、一般レベルでも人間の脳の構造が何をなしているのか?ないし記憶がどこにあるのかということがわかってきました。

 

 

wiredによれば、人間の記憶は「脳そのもの(脳細胞そのもの)」によって存在しているとしていて、そう考えると人間の「心(こころ)」は、脳細胞の集合体だと言えると僕は思うんです。

 

 

例えば、人間の体の細胞全体が「人間のこころ」を成している可能性もあるけれど、多分、人間の脳が、人間の心となるんでしょうね。

 

 

うーん。面白いなーと。

 

SPONSORED LINK

 

参照

http://www.cell.com/neuron/fulltext/S0896-6273(16)30800-5

https://singularityhub.com/2017/08/02/why-neuroscience-is-the-key-to-innovation-in-ai/

SPONSORED LINK