『現在の人工知能の身近な例』

〜AIがすべてを変える〜

【教育x人工知能】人工知能が提案する学校教育とは?AIが提供する新しい教育のカタチを伝えます。

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170723142930j:plain

こんにちは、AIブロガーです

 

AI(人工知能)が教育・学校教育をびっくりするほど激変させている時代です。

 

AI(人工知能)はGoogle検索ファイナルファンタジー転職にも使われていますが、今や学校教育や教育現場にも影響を与えています。

 

今回は、人工知能が提案する学校教育や、実際に提供している新しい教育についてお伝えします。

 

目次を見ると、読みたい項目にすぐ行けます!

SPONSORED LINK

   

1. 人工知能が提案する学校教育の『新しいカタチ』とは??

 

人工知能が提供する学校教育① 〜人工知能型教材Qubena(キュビナ)〜

 

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170723151637p:plain

世界初のAI 人工知能型教材Qubena(キュベナ)は、勉強をする生徒さんに対して、AI(人工知能)の機会学習を通じて適切な問題を出し続ける事ができるんです。

 

 

え...?それだけなの?

 

 

と、感じる方もいるかもしれませんが、AI(人工知能)が常に学びたいひとに対して適切な問題を提供できるのは、極めて重要な事なんです。

 

 

AI(人工知能)が持っている圧倒的な問題解決能力を利用して、生徒それぞれの問題の間違え方の原因を人工知能が解析し、原因を解決するために必要な問題へと誘導します。

 

 

学校教育に合わせて必要な塾や受験サプリと同じように、AI(人工知能)を活用した学習と勉強への丁寧なアシストが重要な時代になる事でしょう。

 

 

AI(人工知能)の強みは、常に与えられた問題をGoogle検索のような正確さで的確に答え続ける事ができる圧倒的な解決能力の高さと、人間と違っていつまでも問題に対面しても問題ない持続力だったりします。

 

 

学習をしている生徒さんひとりひとりに合わせた、問題解決方法とそのために学習しなければならないポイントを的確に伝えてくれる。

 

 

つまり、自分でも何が分からないのか分からないなんていう状況でも、人工知能型教材Qubena(キュベナ)が問題解決の道筋を教えてくれるので、新しい教育のカタチを提示してくれていると考えて良いでしょう。

 

 

SPONSORED LINK

 

 

人工知能が提供する学校教育② 〜ひとりも『落ちこぼれ』を作らないスタディサプリ〜

 

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170723154717p:plain

リクルートが提供しているスタディサプリは、学習者の『おちこぼれ』を作らないように丁寧に作られています。

 

 

スタディサプリが各教科の単元ごとに用意している「到達度テスト」も通じて、次につながる学習内容を学習者に伝えるなどしています。

 

 

また、AI(人工知能)のディープラーニング(深層学習)を利用していて、大量の学習者のデータから、学習者が解けない問題予測を行えるようにしています。

 

 

AI(人工知能)の得意な科目となる『大量のデータに基づく問題解決能力の向上』を利用して、ひとりひとりの学習者がおちこぼれないように、学習者の解けないだろう問題を予測してくれます。

 

 

難しい問題を解いて辛いのが、与えられた問題をどうやって解決すれば良いのかを自分の頭で考えても分からない事なんですよね。

 

 

分からない事だから、迷走して、問題を難しくとらえてしまって、どうしたって解けなくて泣きたくなる気持ち...分かるんです。

 

 

落ちこぼれを作らないスタディサプリで勉強してみて、問題を解ける感覚を覚えてみると良いかもしれませんね!

 

 

SPONSORED LINK

 

 

人工知能が提供する学校教育③〜AIが『勉強エリート神話』をぶち壊した?〜

 

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170723162205j:plain

勉強エリートと言えば、私立なら早稲田や慶応・国立なら東大や京大を合格した人の事で、20世紀まではホワイトカラーに就いて高年収を獲得するには必須の高学歴でした。

 

 

ですが、AI(人口知能)が生み出された事で秀才である勉強エリートの転落と崩壊が起きていると、筑波大学大学院教授の古田博司さんは言っています。

 

 

古田博司さんの勉強エリートの定義は「受験勉強でも偏差値の高い者は勉強法が上手で、最も効率的な勉強法を選択している」との事です。

 

 

勉強エリートという事は、言い換えれば「物事の処理能力の高い人」となるため、勉強も仕事も要領よく処理してしまいますし、大学教授はその頂点に君臨しているので、常人の数10倍のスピードで仕事を終わらせます。

 

 

ただ、日本が成熟期に突入した事で、大学教授の大量削減、いわゆる勉強エリートはもうそんなにいらないよ。と言われる時代に突入してしまいました。

 

 

言い古されている内容ではあるけれど、新たな価値を見つけて、社会に対して価値を与える事ができる存在が、相対的に評価される時代へと向かっています。

 

 

勉強エリートである事自体は強みです。

 

 

学習能力が高く、新しい事にも好奇心旺盛で、すぐに実行して良い結果を得る事ができるからです。

 

 

とはいえ、そんな中で従来の勉強だけして、大手企業に受かれば良いという時代では最早無くなってきていると言えます。

 

 

AI(人口知能)は、人間をはるかに凌駕した学習能力を持ち合わせる究極の勉強エリート様です。

 

 

まだAI(人口知能)それ自体は「物事の意味・定義」を人間側が教えなければいけません(フレームワーク問題)が、いつしかその均衡も崩れるでしょう。

 

 

その時に生き残る存在が、どのような生き方を選択した存在なのかを今から考えた方が良いです。

 

 

特にAI(人口知能)が与える教育の可能性については、むしろ頭を真っ白にして立ち向かう事で、新なな共生のカタチを手に入れられるはずです。

 

 

SPONSORED LINK

 

 

人工知能が提供する学校教育④ 〜AI(人口知能)と子供たちはどう生き抜くべきか?〜

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170727172034j:plain

今まさに生まれくる子供たちは、当たり前のようにAI(人口知能)とともに生きて行く事が宿命付けられています。

 

 

AI(人口知能)激動時代において、どうやって子供たちが生き残っていくのかを考える上で、学校教育は極めて重要な要素の1つとなります。

 

 

現在のAI(人口知能)と付き合う上で重要となるのが、AIは自ら問題を定義し、解決する事は出来ないという事です。

 

 

また、AI(人口知能)は倫理的な概念を理解する事もしておらず、たた与えられた問題を機械学習ディープラーニングによって圧倒的な速さで学習し続けています。

 

 

いわば、究極の勉強エリートですね。

 

 

そのため、AI(人口知能)に対して人種的・民族的・性的偏見を含んだ人間が今まで理性を持ってどうにか押さえ込んできた『偏見』を行わせないようにしなければなりません。

 

 

AI(人口知能)に関する共生を余儀なくされる存在となる子供たちの前に、私たち大人が理解しておくべき事とも言えます。

 

 

次世代を動かす子供たちにどのようなAI(人口知能)教育を施して行くのか、ないし、考えていくのかは、極めて重要な教育に関する問題です。

 

 

社会の必要性を満たす行動 + AI(人口知能)に代替されない行動との二つの組み合わせを通じた生産活動が出来る存在となる必要性もありますね。

 

 

さらに詳細を知りたい方はHarvardBusinessReviewを見てみてください。

 

 

SPONSORED LINK

 

参照

http://compass-e.com/learning.html

https://studysapuri.jp/

http://www.sankei.com/column/news/170629/clm1706290006-n1.html