『現在の人口知能の身近な例』

〜AIがすべてを変える〜

人工知能企業への転職なら『TOYOTA / トヨタ自動車』が一番だ!キャリアアップを目指すエンジニア・技術者は必見ですよ!!

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170730013007p:plain

人工知能開発への転職を考えているなら、Wantedlyだと未経験でもC・C#関連のプログラミング言語が得意なら可能なんです。

 

ですが、大企業への転職も...考えてた事ってありませんか?

 

今回は、TOYOTA人工知能開発に『様々なエンジニアを募集している事実』をお伝えします。

 

目次を見ると、読みたい項目にすぐ行けます!

SPONSORED LINK

 

1. TOYOTAトヨタ)で『人工知能開発』ができるんです!

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170730013430j:plain

Via CopyRight by Asahi

 

2017年7月29日の日本経済新聞にて、豊田一郎氏が『車の激動期 研究と創造カギ』という題名で以下のように言及しています。

 

 

自動車業界は環境規制の強化や通信、人工知能(AI)の急速な発展で「熾烈(しれつ)な開発競争のまっただ中で、パラダイムが大きく変化している」と指摘。現場主義の「現地現物」と人材育成の重要性を訴えた。

 

 

特に日本では自動車産業への異業種参入が相次ぐ中で「激動期を生き抜く研究と創造の力が今まさに問われている」と、自ら強調しています。

 

 

また、7月12日にもトヨタ自動車の子会社「TRI / Toyota Research Institute」が、ベンチャー企業への投資を目的としたベンチャーキャピタルファンドを設立し、1億ドル(100億円規模)を投じています。

 

 

そして、ソフトバンクがGoogleの親会社Alphabet社から多数のAI(人工知能)関連企業を買収したように、トヨタも2025年には当たり前となると言われている完全自動走行車(レベル4程度)に向けて、2017年の段階から一気に攻め立ている状況です。

 

 

海外ではアウディA8が既にレベル3の完全自動走行車を発売していますが、日本では遅くとも2020年ごろに市場投下が目標値となっており、法整備も含めて世界から車と人工知能との競争に遅れを取っていると言えます。

 

 

つまり、車とAI(人工知能)に関するAI開発・AI研究のビッグウェーブに乗るのは、今しかないと言い切っても良いのです。

 

 

では、ここでトヨタ自動車からのメッセージを見てみます。

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170730015206p:plain

 

 

注目したいのが、「広義のIT、AI(人工知能)、画像認識、信号処理、機械学習、地図自動生成などの今までのTOYOTAになかった地検を持つ専門家」を必要としている事です。

 

 

また、トヨタ自動車としては、以下のような思惑が存在しています。

 

自動運転の実用化のためは、高い信頼性を持つ運転知能の実現、ドライバーとクルマのコミュニケーション技術、そして高い制御性、堅牢性を持った車両制御など、さまざまな課題を解決しなければなりませんが、それには多くの新技術を導入する必要があります。AIやコンピュータービジョン、ビッグデータを扱うためのコンピューターサイエンス、センサ技術などの分野に明るい方であれば、何人でも欲しいというのが実情です。 

 

 

世界中の大手IT企業がAIスタートアップを圧倒的なスピードで買収し続けているように、日本でもAI(人工知能)関連への理解を持つだけで、すぐにエンジニアとしてのキャリアアップにつながるはずです。

 

 

SPONSORED LINK

 

2. クルマづくりの経験は...いらないです!

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170730020606p:plain

当然と言えば当然で、トヨタ自動車にてAI(人工知能)関連の研究をするにしても、作るのってソフトウェアであって、ハードウェアではないんです。

 

 

特にAI(人工知能)を搭載したコネクテッドカーは自動で動き回るコンピューターの塊みたいなものだからこそ、あらゆる方面の技術の専門家が関わる必要性が生まれています。

 

 

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170730021359p:plain

これとかかなりエキサイティングだろうなーと。

 

 

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170730021436p:plain

本当に専門家を集めていますね。C/C++は必須です。

 

 

トヨタのAI(人工知能)開発に興味があるなら、DODAの転職エージェントに連絡してみてください。

 

業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!/DODAエージェントサービス

 

 

3. AI(人工知能)への転職を『選択肢』として選ぶべき理由とは?

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170726165522j:plain

転職する時に重要なのは『選択肢』が多い事がもっとも重要です。

 

 

最近だと、AI(人工知能)開発に携わりたい技術者は結構多くいるのではないか?と感じていたりもします。

 

 

また、2017年を境目に2025年のプレ・シンギュラリティ(技術的特異点)に到達するまでのかなり重要な時期だと考えたので、記事にしておきました。

 

 

AI(人工知能)を通じてGoogleがバイオテクノロジー企業へと進化するなんてユヴァル・ノア・ハラリがWiredで言及していたのもつい最近ですが、AI(人工知能)が身の回りにありすぎている状況が凄いなーと感じる反面、日本は技術的に世界にリードを許してしまっています。

 

 

AI(人工知能)関連に転職を考えるなら、今から真剣に考えておくべきですね。

 

 

こちらも合わせてお読みください。

inaka-gurashi.hatenablog.com

 

SPONSORED LINK