『テクニティ・ノイモシニ』

〜AI(人工知能)がすべてを変える〜

人工知能開発企業へ転職したい『AI人材』は、どうしたら良い?AI関連コミュニティに参加が正解。AI転職、AI人材転職するならこれを見ろ!

注目記事
エンジニアから人工知能エンジニアへ転職する方法

SPONSORED LINK

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170919064349j:plain

Wired(ワイアード)にて「いま、世界の大企業は「AI人材」を食い尽くそうとしている」という記事を見つけて、日本ではどうなのかを調べてみました。

 

そして、AI(人工知能)開発企業へと転職・就職をする場合、前提として研究開発が可能な人材ばかり求められていると考えていました。

 

 

けれど、そうでもなかったんです。

 

 

AI(人工知能)関連企業へ転職・就職したい「AI人材(エンジニア・非エンジニア)」「営業・マーケッター・コンサルタント」がどうするべきかお伝えします。 

 

また、AI関連企業へは「AI(人工知能)エンジニア」でなくても、転職・就職ができる点にも合わせてお伝えします。

 

目次を見ると、読みたい項目にすぐ行けます!

 

1. 海外のAI(人工知能)開発者は、IT界の巨人にガッチリ掴まれている!

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170725204326j:plain

Wired(ワイアード)にてAI(人工知能)人材がどう扱われるのかを見てみると、大手のIT企業(GoogleFacebookTwitter・Samsong)は、博士クラスの人間たちがAIスタートアップとして働いているところを重点的に狙っています。

 

 

ですが、AI(人工知能)開発のクールでカッコいいAIスタートアップ「Clarifai」のマシュー・ズィーラー(Matthew Zeiler)は、GoogleMicrosoftFacebookからのオファーを蹴って自らのスタートアップ企業をニューヨークに構えていたりもします。

 

 

とはいえ、多くの大手企業のAI分野の人材獲得戦争はあらゆる大学の研究機関を食い尽くしていて、全てのAI関連スタートアップを買収する動きに出ています。

 

 

Googleすら上回るAI(人工知能)開発技術を持ち合わせているとも言われるAIスタートアップ「Clarifai」以外は、自ずと大手企業に買収され尽くしている状況で、AI(人工知能)開発できるだけで圧倒的なオファーを受ける可能性が海外では当たり前です。

 

 

その前提には『AI人材』を見つける事の難しさと、AI人材の相対的な人不足があります。

 

 

日本も慢性的なAI人材不足が叫ばれていますね。

 

 

2. 日本のAI(人工知能)人材は、どうしたらよいのか?

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170701122306j:plain

海外と日本のAI(人材)は知っておきたい事。

 

 

それは、ASI(人工超知能)やAGI(汎用型人工知能)ではなく、Narrow AI(特化型AI)が主流の開発になっている点です。

 

 

海外では博士クラスのエキスパートがAI(人工知能)開発を行えるAI人材として求められています。

 

 

しかし、日本では海外以上にAI人材が不足している点から、最低限の機会学習の知識やC+やC#、そしてPaythonなどのAI開発に必要となる主要言語を理解しているかどうかがポイントとなります。

 

と、言うのも、最近聞いた話によるとWantedlyでAI(人工開発)に関する求人を探していた方にインタビューした所、AI開発に関して未経験だったが再転職する事ができたと聞く事ができたからです。

 

 

 大手IT企業でAI開発をしていた。または、AI開発人材になるべく大学院で研究を行ったレベルの人でなければ、前提としてAI開発をしている企業へと転職する事はできないと僕は思っていたのですが、意外と未経験でも大丈夫との事です。

 

 

とはいえ、現在のAI(人工開発)は大量のテストデータから、良い結果を導き出すだけの能力や常に進歩し続けるAI(人工知能)開発に関する知見を追い求めなければならず、もしかしたら普通の開発よりもAI(人工知能)開発は大変かもしれません...。

 

 

3. 日本にはAI関連のコミュニティが少ないのも...問題?

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170726131052p:plain日本でAI(人工知能)系の大きいコミュニティを探した所、人工知能開発案件に特化したクラウドソーシングサービスTeam AIが、連日行っているAI(人工知能)勉強会が注目度高めなコミュニティだと感じました。

 

 

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170726131616p:plain

株式会社オルツも[人工知能 × IoT] Meetupも行っていて、企業単位でMeet's UPを行っていて、初回の場合はオルツが行っている自社開発の内容を少し教えてくれていて、実際にどんな開発手法や方法を取っているのかを直に知る事ができます.

 

 

このように、AI(人工知能)開発に関する転職をしたり、就職をしたいと考える学生や社会人は、総じてこうしたコミュニティを見つける努力をする必要があるようですね。

 

 

反対から見れば、AI(人工知能)系の開発企業もAI人材をめちゃくちゃ欲しがっていますから、インターンや就職、中途入社をするためにAI開発企業に出会える場を増やしていく事が正解なようです。

 

 

=> 人工知能開発をする企業へ転職したい人におすすめの転職サイト一覧はこちら

 

4. AI人材としてどう動くべきかの『5つの事例』

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170825202952j:plain

ここでは、AI人材として働くべき5つのモデルケースをお伝えします。

 

 

非エンジニアでなくても「AI転職、AI人材転職は可能です。

 

 

1. AI(人工知能)の価値を企業に売り込む『AI営業』

深層学習・DeepQ学習の根本的な部分を数学的に理解するというよりは、顧客にとってAI導入がどのような価値を生み出すのかを『わかりやすい言葉に変えて説明し、営業する職種』が、AI営業になります。

 

 

最低限の理解をするためにPythonやRなどのプログラミング言語を学習する必要はありますが、それも対応先の顧客に説明できるレベルで良いでしょう。

 

 

言い換えれば、エンジニアよりかはエヴァンジェリストとしての立ち位置です。

 

2. AI(人工知能)の企業価値増大を提案する『AIコンサルタント

AIコンサルタントは、もともとコンサルティングをしていた職種の方がさらに大きな利益を企業に与えるためのキャリアップに繋がります。

 

 

AI関連の基礎的な学習が可能なスクールは増えていますから、まずはAI(人工知能)の基礎基本を学習することで、顧客価値増大のツールを増やすことができるはずです。

 

3. AI(人工知能)の商利用最適化を探る『AIマーケッター』

AI(人工知能)を利用して、プロジェクト単位でさらに大きな利益を獲得する場合、マーケティングに精通した存在は不可欠です。

 

 

そのための存在が、AIマーケッターになります。

こちらももともとマーケティングをしていた職種の方が、AIを通じたマーケティング施作の強化をしていく可能性がありますね。

 

 

AI(人工知能)関連企業は利益率が高いので、今後転職する先としても良いのではないでしょうか?

 

4. AI(人工知能)のアウトプットを高める『AIエンジニア』

花形のAI(人工知能)エンジニアは、AIに対してどのようなデータセット(AIが学ぶ学習データ)を与えるのか?

 

 

入力したデータに対して、出力されたデータが的確なのかを判断する以前のコーディングやプログラミングをする段階からは、少し離れているように感じます。

 

 

もちろん、プログラミング技術が不必要な訳ではありません。

AIがデータを効率よく学習する最適化作業に比重が移り始めていると考えると良いです。

 

5. AI(人工知能)の営業・企画をまとめる『AI総合職(文系)』

AI総合職の場合は、単純になんでもする職種ですね。

 

 

この場合は特にAI(人工知能)関連の理解は浅くても問題ないと言えますが、今後のさらなるキャリアアップを目指すなら、当然専門化していく必要があります。

 

5. 人工知能転職サイト選びのコツ

転職サイト選びは大事です。どの転職サイトを選ぶか、によって、出会う企業は変わりますし、年収や転職成功率も違います。

 

 

本格的に転職することを決めたときには、複数の転職サイトを活用して比較する方がいいですが、転職しようか検討中の段階であれば、まずは自分にあった転職サイトを1つ選び、その転職サイトを中心に求人情報を見ることをおすすめします。

 

おすすめ転職サイトランキングを参考に自分にあった転職サイトを選んでください。

 

第1位 AI人材の転職満足度・転職成功率No.1 : パソナキャリア

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170823132220p:plain

 

おすすめ度:★★★★★

求人数:★★★★★

使いやすさ:★★★★★

年収アップ率:★★★★☆

転職サポート:★★★★★ 

 

パソナキャリア」では、AI人材の転職成功率も高く、また良いIT企業、AIベンチャーへの推薦も合わせて行ってくれるので、AI関連職種への転職にはおすすめです。

 

 

ブラックIT企業に関する情報まで網羅的に調査をしているので、転職者にとっても重要な情報を持つエージェントが数多く在籍しています。

 

 

業界に精通した彼らだからこそ、ハイレベルの給与交渉が可能となっているのです。

 

 

また親切な対応も高く評価されており、人工知能で今の年収を上げたい方は、まずは情報収集目的で無料会員登録をおすすめします。

 

 

転職エージェント(就職・転職の全面的なお手伝いをする企業人)を通じて、AI(人工知能)関連職種への挑戦をして下さい。 

 

 

また、パソナキャリアでお預かりしている求人の80%は非公開求人で、特に最先端技術に関する求人をお探しの場合は非公開求人を含め、キャリアアドバイザーより丁寧に紹介してもらえるのが魅力です。

 

AI関連職種への進路をどうしようか悩んでいるかたにおすすめの転職サイトです。

 

パソナキャリアがおすすめの理由はこちら

 

パソナキャリアに登録する

 

第2位 AI(人工知能)エンジニア求人特化!AI転職成功率No.1 : Geekly

f:id:inaka-gurashi-saikou:20171125091458p:plain

 

おすすめ度:★★★★★

求人数:★★★★☆

使いやすさ:★★★★★

年収アップ率:★★★★★

転職サポート:★★★★★ 

 

Geekly 」では、AI(人工知能)エンジニアへの転職成功率も高く、IT業界・Web業界・ゲーム業界と「IT業界全般へのAIエンジニア転職支援」に特化しているのでおすすめです。

 

 

IT業界で3年以上の転職支援実績を持つキャリアコンサルタントが、今のIT業界、AI業界への転職の道を極めて明確に、かつ、親身に応援してくれます。

 

 

業界に精通した彼らだからこそ、ハイレベルの給与交渉が可能となっているのです。

 

 

また、親切な対応も高く評価されており、AI(人工知能)エンジニアで今の年収を上げたい技術職の方は、まずは無料登録から始めてみてください。

 

 

そして、転職エージェント(就職・転職の全面的なお手伝いをする企業人)を通じて、AI(人工知能)エンジニア関連職種への挑戦をして下さい。 

 

 

また、Geeklyでお預かりしている求人の80%は非公開求人で、特にAI関連の最先端技術に関する求人をお探しの場合は非公開求人を含め、キャリアアドバイザーより丁寧に紹介してもらえるのが魅力です。

 

AIエンジニアへのキャリアをどうしようか悩んでいるにおすすめの転職サイトです。

 

 

最後に注意点です。

 

Geeklyは「渋谷の本社で面談ができる真剣なプログラマー・エンジニア」にのみ注力する少数精鋭・IT業界専門の転職サイトです。その点を確認してからGeeklyをご覧頂ければ幸いです。

 

Geeklyがおすすめの理由はこちら

 

Geeklyに登録する

 

 

全国的なAI(人工知能)エンジニア求人をお探しなら「パソナキャリア」がおすすめです。

 

第3位 : 総合力No.1 : マイナビエージェント 

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170823131916p:plain

 

おすすめ度:★★★☆☆

求人数:★★★☆☆

使いやすさ:★★★★☆

年収アップ率:★★★★☆

転職サポート:★★★★☆

 

マイナビエージェントでは業界別の専任制を取り入れているため、人工知能ならではの就労環境や個別の企業風土を詳しく知る事が可能です。

 

 

ブラックIT企業に関する情報まで網羅的に調査をしているので、転職者にとっても重要な情報を持つエージェントが数多く在籍しています。

 

 

業界に精通した彼らだからこそ給与交渉が可能となっているのです。

 

 

また親切な対応も高く評価されており、人工知能で今の年収を上げたい方は、まずは情報収集目的で無料会員登録をおすすめします。

 

 

転職エージェント(就職・転職の全面的なお手伝いをする企業人)を通じて、AI(人工知能)関連職種への挑戦をして下さい。

 

マイナビエージェントに登録する

 

 

また、IT業界でキャリアアップしたい/年収アップを目指したい方は、IT領域にも特化した専属のキャリアアドバイザーのいる「マイナビエージェントIT」がおすすめです。

 

マイナビエージェントITに登録する

 

第4位 20代との相性No.1 : マイナビジョブ20's

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170824035345p:plain 

おすすめ度:★★★★★

求人数:★★★★☆

使いやすさ:★★★★☆

年収アップ率:★★★★☆

転職サポート:★★★★★

 

 20代の転職希望者に一番おすすめしたいのが「マイナビジョブ20's 」。

 

 

20代向けの転職支援サービスとして特化していて、キャリアカウンセリングや適性診断などの転職支援が充実しています。

 

 

キャリアカウンセリング後に希望に合った最適な企業を紹介してもらえるため、自分に合った企業がどれか分からない、周囲からのアドバイスがほしい、といったときに相性が合います。

 

 

「はじめての転職で転職事情が分からない」

 

「まずは転職相談してみたい」という20代におすすめです。

 

※対応地域が「東京/埼玉/神奈川/千葉/愛知/岐阜/三重/大阪/京都/兵庫/奈良/滋賀在住」となるため、他県のかたは全国対応している「マイナビエージェント」がおすすめです。

 

マイナビジョブ20'sに登録する

 

第5位 AI人材求人の豊富さNo.1 : リクナビNEXT

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170823003711p:plain

 

おすすめ度:★★★★☆

求人数:★★★★★

使いやすさ:★★★☆☆

年収アップ率:★★★☆☆

転職サポート:★★☆☆☆

 

人工知能案件の多さとAI人材への求人の多さが魅力の『リクナビNEXT

 

 

リクナビNEXTの魅力は、求人の豊富さ。関東圏内だけでなく、地方の求人もあるため、どこに住んでいても活用できます。自分にあった企業が必ず見つかりますし、定番の転職サイトと言えます。

 

 

転職者の8割が利用、数ある転職サイトの中で転職者の評価が断トツで高いのがリクナビNEXTです。

 

 

リクナビNEXTでは「スカウト登録」を利用して希望条件を登録(AI関連)しておくと求人票の中からマッチした企業からオファーが届きます。

 

 

オファーには非公開の良質な求人も含まれているので、AI(人工知能)関連への転職には欠かせないサービスです。

 

 

匿名で気軽に転職を始められる点もリクナビNEXTの良い点で、最初の情報収集を行う場としても最適な転職サイトです。

 

リクナビNEXTに登録する

 

第6位 転職者満足度No.1 : DODA(デューダ

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170825181024p:plain

 

おすすめ度:★★★★★

求人数:★★★★☆

使いやすさ:★★★★☆

年収アップ率:★★★★★

転職サポート:★★★★☆

 

DODAは20〜30代前半までの方に高評価で注目されてきているのが業界大手のパーソルキャリア株式会社(旧インテリジェンス)が運営する求人サイトです。

 

 

それぞれの年代の方に紹介できる独自の優良企業の求人数が多い為、次の転職先を優良企業から吟味したい場合は特におすすめです。

 

 

また、コンサルタントが転職までを全面サポートする「エージェントサービス」も好評で、質を求める方から高い支持を得ています。人工知能なら迷わず登録すべき鉄板求人サイトです。

 

 

DODAの魅力は、キャリアアドバイザーが専任パートナーとして、あなたの転職を丁寧にサポートしてくれます。

 

 

もちろん通常の求人応募が可能なだけでなく、スカウトやヘッドハンティングなどのサービスもまとめて受けられます。

年収査定やキャリア診断などのサービスもあり、転職サービスがバランス良く用意されているのがDODAの強みです。

 

 

20〜30代で特にAI(人工知能)関連の優良企業を探したいならDODAに無料登録してみてください。

 

 

DODAがおすすめの理由はこちら

 

DODAエージェントに登録する

 

そのほかの転職サイト・求人サイトはどうなのか? 

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170813201939j:plain

そのほかの転職・求人サイトでは、AI(人工知能)関連職種が多く見つからず、おすすめできる範囲ではないことをお伝えします。

 

 

今回のランキングサイトに関しては実際に検証をして本当に求人数・求人の質が高い順に掲載しております。また、今後検証していく過程でそのほかの良質なサイトも合わせてお伝えしていきます。

 

 

Googleレイ・カーツワイルがシンギュラリティ(技術特異点)に到達するのが2045年と言及したと思えば、2025年にはプレ・シンギュラリティが生じるとし、AI(人工知能)分野の凄まじすぎる躍進が連日ニュースでも報じられています。

 

 

PythonScala・Kotlin以外にも「C・C++C#」のような静的言語から未経験でAI(人工知能)分野に転職をした人もいるので(マイナビエージェントにて)、現段階でPythonやそれ以外のrプログラミング言語に精通していなくても十分挑戦できます。

 

 

エンジニア職以外のマーケッター、営業・一般職を希望する場合でも、AI人材関連の募集をしている企業は多く存在しています。ぜひ、良い転職をしてくださいね。

 

 

AI(人工知能)転職なら、こちらが必見!!

f:id:inaka-gurashi-saikou:20171020234700p:plain

これからの進路・転職活動について考えている人に人気記事です

『人工知能関連転職が未経験の方におすすめの転職サイト一覧』

『年収診断で今の適正年収が確認できるキャリア診断「MIIDAS」』

未経験プログラマー就職・転職おすすめランキング

f:id:einginner-carry:20170925074953p:plain

SPONSORED LINK