『現在の人口知能の身近な例』

〜AIがすべてを変える〜

人工知能開発企業へ転職したい『AI人材』は、どうしたら良い?AI関連コミュニティに参加が正解です!!

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170722073243j:plain

Wired(ワイアード)にて「いま、世界の大企業は「AI人材」を食い尽くそうとしている」という記事を見つけて、日本ではどうなのかを調べてみました。

 

AI(人工知能)開発企業へと転職・就職をする場合、前提として研究開発が可能な人材ばかり求められていると考えていたが、そうでもなかったんです。

 

人工知能開発企業へ転職したい『AI人材』は、どうしたら良い?

 

目次を見ると、読みたい項目にすぐ行けます!

SPONSORED LINK

 

1. 海外のAI(人工知能)開発者は、IT界の巨人にガッチリ掴まれている!

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170725204326j:plain

Wired(ワイアード)にてAI(人工知能)人材がどう扱われるのかを見てみると、大手のIT企業(GoogleFacebookTwitter・Samsong)は、博士クラスの人間たちがAIスタートアップとして働いているところを重点的に狙っています。

 

 

ですが、AI(人工知能)開発のクールでカッコいいAIスタートアップ「Clarifai」のマシュー・ズィーラー(Matthew Zeiler)は、GoogleMicrosoftFacebookからのオファーを蹴って自らのスタートアップ企業をニューヨークに構えていたりもします。

 

 

とはいえ、多くの大手企業のAI分野の人材獲得戦争はあらゆる大学の研究機関を食い尽くしていて、全てのAI関連スタートアップを買収する動きに出ています。

 

 

Googleすら上回るAI(人工知能)開発技術を持ち合わせているとも言われるAIスタートアップ「Clarifai」以外は、自ずと大手企業に買収され尽くしている状況で、AI(人工知能)開発できるだけで圧倒的なオファーを受ける可能性が海外では当たり前です。

 

 

その前提には『AI人材』を見つける事の難しさと、AI人材の相対的な人不足があります。

 

 

SPONSORED LINK

 

2. 日本のAI(人工知能)人材は、どうしたらよいのか?

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170701122306j:plain

海外と日本のAI(人材)は知っておきたい事は、前提としてASI(人工超知能)やAGI(汎用型人工知能)ではなく、Narrow AI(特化型AI)が主流になっている点です。

 

 

海外では博士クラスのエキスパートがAI(人工知能)開発を行えるAI人材として求められています。

 

 

しかし、日本では海外以上にAI人材が不足している点から、最低限の機会学習の知識やC+やC#、そしてPaythonなどのAI開発に必要となる主要言語を理解しているかどうかがポイントとなります。

 

と、言うのも、最近聞いた話によるとWantedlyでAI(人工開発)に関する求人を探していた方にインタビューした所、AI開発に関して未経験だったが再転職する事ができたと聞く事ができたからです。

 

 

 大手IT企業でAI開発をしていた。または、AI開発人材になるべく大学院で研究を行ったレベルの人でなければ、前提としてAI開発をしている企業へと転職する事はできないと僕は思っていたのですが、意外と未経験でも大丈夫との事です。

 

 

とはいえ、現在のAI(人工開発)は大量のテストデータから、良い結果を導き出すだけの能力や常に進歩し続けるAI(人工知能)開発に関する知見を追い求めなければならず、もしかしたら普通の開発よりもAI(人工知能)開発は大変かもしれません...。

 

 

SPONSORED LINK

 

3. 日本にはAI関連のコミュニティが少ないのも...問題?

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170726131052p:plain日本でAI(人工知能)系の大きいコミュニティを探した所、人工知能開発案件に特化したクラウドソーシングサービスTeam AIが、連日行っているAI(人工知能)勉強会が注目度高めなコミュニティだと感じました。

 

 

論文の査読だったり、AI関連のAPI開発などをしている感じで、結構ガチ目ですね。

 

 

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170726131616p:plain

株式会社オルツも[人工知能 × IoT] Meetupも行っていて、企業単位でMeet's UPを行っていて、初回の場合はオルツが行っている自社開発の内容を少し教えてくれていて、実際にどんな開発手法や方法を取っているのかを直に知る事ができます.

 

 

このように、AI(人工知能)開発に関する転職をしたり、就職をしたいと考える学生や社会人は、総じてこうしたコミュニティを見つける努力をする必要があるようですね。

 

 

反対から見れば、AI(人工知能)系の開発企業もAI人材をめちゃくちゃ欲しがっていますから、インターンや就職、中途入社をするためにAI開発企業に出会える場を増やしていく事が正解なようです。

 

 

こちらの記事も読まれています。

inaka-gurashi.hatenablog.com

 

SPONSORED LINK