人工知能開発企業へ転職したい『AI人材』は、どうしたら良い?AI関連コミュニティに参加が正解。AI転職、AI人材転職するならこれを見ろ!

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170919064349j:plain

Wired(ワイアード)にて「いま、世界の大企業は「AI人材」を食い尽くそうとしている」という記事を見つけて、日本ではどうなのかを調べてみました。

 

そして、AI(人工知能)開発企業へと転職・就職をする場合、前提として研究開発が可能な人材ばかり求められていると考えていました。

 

けれど、そうでもなかったんです。

 

AI(人工知能)関連企業へ転職・就職したい「AI人材(エンジニア・非エンジニア)」「営業・マーケッター・コンサルタント」がどうするべきかお伝えします。 

 

また、AI関連企業へは「AI(人工知能)エンジニア」でなくても、転職・就職ができる点にも合わせてお伝えします。

 

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180226095745p:plain

AIエンジニア|AI開発・AI研究をする技術者

AIエンジニア|機械学習・深層学習をするデータサイエンティスト

AI営業|AI商品を販売するための基礎知識・実務経験を有する人

AIマーケッター|AI商品を効果的に販売する施作実地が可能な人

AIコンサルティング|AI導入を考えている企業へコンサルする人

AIプランナー|企業へAIを適切に活用する方法を示す人

*AI人材の具体的な職種の予測値

現状では、技術職のAIエンジニアが多く需要されていますが、今後1〜2年の求人動向の中で、技術者以外の人材需要も喚起されていくことが予想されます。 

エンジニアがAIエンジニアを目指す前に、知るべき結論

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180225151156p:plain

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180211050353j:plain

「AIエンジニアを目指したい人の要件」

AI・機械学習・深層学習関連スキルに強い興味があって触れてみたい

AI・データサイエンス領域のキャリアを伸ばしたい

AI・機械学習関連のスキルは今後マストになるから、身につけておきたい

AIエンジニアは、まだ需要が下火です。

しかし、今後さらにAI・機械学習関連の技術を利用したサービス・製品はどんどん市場に投下され、需要はますます増加していきます。

将来を見据えたキャリアを考えるならAIエンジニアを目指すことは最良です。

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180119020516p:plain

レバテックキャリア」 では業界最大手のAIエンジニア(人工知能エンジニア・機械学習エンジニア・深層学習エンジニア)の求人があり、非公開求人を含めて需要が高まるAI業界を目指す上で良い方向を目指せます。

エンジニアとしてAI業界を目指すならレバテックキャリアは必ず登録しておくエンジニア専門の転職エージェントです。

レバテックキャリアの詳細

 

レバテックキャリアに登録

 

お読みいただき、ありがとうございます。

ここからは、具体的なAI人材・AIエンジニアの目指し方をお伝えします。

0.AI人材を目指す前に知っておくべきこと|AI人材は何をする職業なのか?

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180216135836p:plain

AI人材を目指す時にまず意識すべき点は、AI人材の構造に関してです。

AI商品を販売する人材に関しては、今後1〜2年の間によりAI関連商品/サービスの販売が当たり前になるつれて、需要が伸びると予測できます。

 

ヤフーは「2000人不足」、過熱するIT業界のAI人材争奪戦というニュース記事にもあるように、大手IT企業はデータサイエンティストとしてのAIエンジニアを中心的にリクルーティング or 自社育成していく動きが強まっています。

 

大手IT企業は自社育成を基準にしていますが、相対的にAI人材は不足しているので、AI人材としての経験、知識があれば転職活動もしやすい状況です。

 

特に、ヤフーはAI人材が2000人不足していると答えていて、AI人材として大規模データ処理・分析などデータサイエンス領域に強みを発揮するデータサイエンス人材を必要としています。

 

具体的にはAI(人工知能)を用いた機械学習を通じて、データ処理・大規模分析を行うことができるAI人材(技術者)です。

 

機械学習・深層学習を通じてデータ処理を行うスキルを持つ技術者は、一般的にはAIエンジニアとして定義されます。また、エンジニアがAIを活用した機械学習 x データサイエンススキルを身につける必要性がますます増加傾向にあります。 

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180216142553p:plain

AIエンジニアの大まかな分類としては、上記のイメージ感です。

 

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180218211340p:plain

AIが行う作業は突き詰めれば「分析する事」なのでAIエンジニアが行うタスクは・・・

 

各企業に合わせたAI開発・アルゴリズム開発を行う技術者

AIを用いた分析業務を行うデータサイエンスを行う技術者

企業が必要とし、検証したいと考えるデータを用意する人

 

いづれかになりやすいです。

 

特に、IoTデバイスは中継機・AI(人工知能)は分析/学習・BIGDATAは大量な情報。という具合なので、AIエンジニアの主だった仕事はデータ分析 or AI開発 or AIアルゴリズム開発に帰結すると考えられます。

 

大手IT企業もAI人材を育成・獲得に動き出している|ヤフー2000人/パナソニック1000人のAI人材を需要

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180225164615p:plain

大手IT企業がAI人材を集中的に育成、採用する動きが強まってきています。

とはいえ、まだ必要としている人材数には到達していない様子で、各社必死にAI人材・AIエンジニアを獲得するために奔走している状況です。

 

IPAの予測によれば2020年までに4.8万人のAI人材が不足するともしており、ほぼAI人材を用意した上でサービス開発・設計を行うまでには到達していません。

 

今後の動きからみても、AI人材需要が高まるのは必然と言えます。

DeNAは新卒採用に「AI枠|AIで実績のある人材」を用意している

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180227172737p:plain

DeNAのAI枠の場合は、AI研究、開発のできる上位のAI人材を必要としています。

 

年収1000万+賞与x2になるので、おおよそ1200~1300万円レンジの年収になります。

 

大手IT企業の場合は、データ分析のできるAIエンジニア、AI人材以外に、AI研究開発のできるエキスパートも少なからず求められているのが現状です。

 

とはいえ、全体の分母から言えばDeNAの求めるAI研究開発のできるAI人材はは全体の「5%」程度しか求められておらず「AIによるデータ分析のできるAIエンジニア」が強く求められています。

おすすめのAIエンジニア転職サイトはこちら

1. 海外のAI(人工知能)開発者は、IT界の巨人にガッチリ掴まれている!

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170725204326j:plain

Wired(ワイアード)にてAI(人工知能)人材がどう扱われるのかを見てみると、大手のIT企業(GoogleFacebookTwitter・Samsong)は、博士クラスの人間たちがAIスタートアップとして働いているところを重点的に狙っています。

 

ですが、AI(人工知能)開発のクールでカッコいいAIスタートアップ「Clarifai」のマシュー・ズィーラー(Matthew Zeiler)は、GoogleMicrosoftFacebookからのオファーを蹴って自らのスタートアップ企業をニューヨークに構えていたりもします。

 

とはいえ、多くの大手企業のAI分野の人材獲得戦争はあらゆる大学の研究機関を食い尽くしていて、全てのAI関連スタートアップを買収する動きに出ています。

 

Googleすら上回るAI(人工知能)開発技術を持ち合わせているとも言われるAIスタートアップ「Clarifai」以外は、自ずと大手企業に買収され尽くしている状況で、AI(人工知能)開発できるだけで圧倒的なオファーを受ける可能性が海外では当たり前です。

 

前提には『AI人材』を見つける事の難しさと、AI人材の相対的な人不足があります。

 

日本も慢性的なAI人材不足が叫ばれていますね。 

 

2. 日本のAI(人工知能)人材は、どうしたらよいのか?

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170701122306j:plain

海外と日本のAI(人材)は知っておきたい事。

 

それは、ASI(人工超知能)やAGI(汎用型人工知能)ではなく、Narrow AI(特化型AI)が主流の開発になっている点です。

  

海外では博士クラスのエキスパートがAI(人工知能)開発を行えるAI人材として求められています。

 

しかし、日本では海外以上にAI人材が不足している点から、最低限の機会学習の知識やC+やC#、そしてPaythonなどのAI開発に必要となる主要言語を理解しているかどうかがポイントとなります。

 

と、言うのも、最近聞いた話によるとWantedlyでAI(人工開発)に関する求人を探していた方にインタビューした所、AI開発に関して未経験だったが再転職する事ができたと聞く事ができたからです。

 

 大手IT企業でAI開発をしていた。または、AI開発人材になるべく大学院で研究を行ったレベルの人でなければ、前提としてAI開発をしている企業へと転職する事はできないと僕は思っていたのですが、意外と未経験でも大丈夫との事です。

 

とはいえ、現在のAI(人工開発)は大量のテストデータから、良い結果を導き出すだけの能力や常に進歩し続けるAI(人工知能)開発に関する知見を追い求めなければならず、もしかしたら普通の開発よりもAI(人工知能)開発は大変かもしれません...。

 

3. 日本にはAI関連のコミュニティが少ないのも...問題?

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170726131052p:plain日本でAI(人工知能)系の大きいコミュニティを探した所、人工知能開発案件に特化したクラウドソーシングサービスTeam AIが、連日行っているAI(人工知能)勉強会が注目度高めなコミュニティだと感じました。

 

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170726131616p:plain

株式会社オルツも[人工知能 × IoT] Meetupも行っていて、企業単位でMeet's UPを行っていて、初回の場合はオルツが行っている自社開発の内容を少し教えてくれていて、実際にどんな開発手法や方法を取っているのかを直に知る事ができます.

 

このように、AI(人工知能)開発に関する転職をしたり、就職をしたいと考える学生や社会人は、総じてこうしたコミュニティを見つける努力をする必要があるようですね。

 

反対から見れば、AI(人工知能)系の開発企業もAI人材をめちゃくちゃ欲しがっていますから、インターンや就職、中途入社をするためにAI開発企業に出会える場を増やしていく事が正解なようです。

おすすめのAIエンジニア転職サイトはこちら

4.AI人材としてどう動くべきかの『6つの事例』

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170825202952j:plain

AI人材として働くべき6つのモデルケースをお伝えします。

 

AI人材は技術者(エンジニア)以外の「非技術者」でも転職可能です。

 

1. AI(人工知能)研究開発を行う『AIエンジニア / 研究・開発』

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180219120715p:plain

AIエンジニア(一部の技術者)は、AI研究・AI開発を行うことで、企業が求めるデータ解析・分析を行うAI(人工知能)or アルゴリズムを作り出します。

 

AIによるデータ解析ではなく、AIそのもの(AI or アルゴリズム)を開発する職種となるので、本当にごく一部のエンジニアしかなることができません。

 

具体的には、AI研究を行なっている大学院卒の博士クラス。もしくは、AIベンチャーで新たなにAI開発、販売をしているCEOクラスの技術者が研究、開発を行うAIエンジニアになるでしょう。

 

反面、残りのAIエンジニアは、AIそれ自体が持ち合わせる『分析』を行うためのデータサイエンティストとして活躍します。

 

5. AI(人工知能)の営業・企画をまとめる『AI総合職(文系)』 AI総合職の場合は、単純になんでもする職種ですね。   この場合は特にAI(人工知能)関連の理解は浅くても問題ないと言えますが、今後のさらなるキャリアアップを目指すなら、当然専門化していく必要があります。

 

2. AI(人工知能)による分析を行う『AIエンジニア / データサイエンティスト』

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180219120907p:plain

 AIエンジニアの多くはデータサイエンス領域によるAI分析・解析を行うデータサイエンティストとしての活動が主になると予測されます。多くの大手企業はデータ分析のできるエンジニアを自社育成、AIベンチャーから転職させるなどの行動を取っています。

 

エンジニア + 機械学習スキル => AIによるデータ分析ができるAIエンジニア

 

と言ったイメージで、2020年までにはAI開発、研究よりもAIによるデータ分析スキルを獲得したエンジニアが求められる傾向にあると言えます。

 

3. AI(人工知能)の企業価値増大を提案する『AIコンサルタント

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180219121017p:plain

AIコンサルタントは、もともとコンサルティングをしていた職種の方がさらに大きな利益を企業に与えるためのキャリアップに繋がります。

 

AI関連の基礎的な学習が可能なスクールは増えていますから、まずはAI(人工知能)の基礎基本を学習することで、顧客価値増大のツールを増やすことができるはずです。

 

4. AI(人工知能)の商利用最適化を探る『AIマーケッター』

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180219121148p:plain

AI(人工知能)を利用して、プロジェクト単位でさらに大きな利益を獲得する場合、マーケティングに精通した存在は不可欠です。

 

そのための存在が、AIマーケッターになります。

 

こちらももともとマーケティングをしていた職種の方が、AIを通じたマーケティング施作の強化をしていく可能性がありますね。

 

AI(人工知能)関連企業は利益率が高いので、今後転職する先としても良いのではないでしょうか?

 

5. AI(人工知能)商品の価値を伝える『AI営業』

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180219121311p:plain

顧客にAIを活用したソリューションを提案するのが、AI営業です。機械学習の基礎知識と自社製品のできることを理解していることが求められます。

 

一方、AIを顧客にわかりやすく説明することはなかなか難しく、ビジネス面のスキルが強く求められます。 代表企業は、日系の大手IT企業や大手ITメーカーです。

 

彼らは自社のAIソリューションを売るだけではなく、Watsonなど世の中のAI製品を売る販売代理店の役割を担っています。 

 

6.業務/製品/サービスにAIを適切に活用する道を示す『AIプランナー』

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180226094154p:plain

AIプランナーの役割は、自社の業務や製品・サービスにAIを適切に活用する道を示すことで、もっとも幅広い業種で欠かせない存在となります。

 

日常業務とAIの活用を結びつけて考えることで、自社、他者の価値を最大化するのがAIプランナーの役割で、特に現状のAI活用事例に対する深い理解と導入によって得られるメリット・デメリットなどの想定ができる人材となる必要があります。

 

今の段階ではAI人材は開発、データ分析業務の需要が高い段階だが、時限的にAIをビジネス導入する動きが活発になる連れてAIプランナーの価値が増加していきます。

おすすめのAIエンジニア転職サイトはこちら

AI人材の仕事の重要度はどの程度なのか?

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180219121529j:plain

参照|AI人材になるにはスキルよりまず職種を選択しよう

 現役のAIエンジニア(知り合いの方)のブログに掲載されていたので、参照致します。

 

具体的には、技術レベルが上がるごとに年収、仕事の重要度が上がるものの安定的なレンジにいるのはAIエンジニアとしてデータ分析、もしくはAI営業として仕事をする人だと考えられます。

 

三菱電機は試行錯誤を繰り返しながら自動的にモデルを構築して制御方法を学習するAI技術であるモデルベースAIを用いた機器制御技術を開発したと発表した。

 

三菱電機のAI技術Maisart(Mitsubishi Electric's AI creates the State of the ART in Technology)により、試行錯誤を繰り返しながら自動的に制御対象機器モデルをシステム内部に構築。

 

あらかじめ設定した目標達成に必要な制御方法を、強化学習を用いて学習する機器制御技術だ。

参照|三菱電機プログラミング不要な制御技術を開発 モデルベースAIで実証

 

大手IT企業では強化学習も含めて自社製品にAI技術を活用する動きが明確になってきており、マーケティング、営業、販売などを行う側もAI技術、知識を一定量獲得しておく必要がある点を示しています。

 

5. AI人材になるための人工知能転職サイト選びのコツ

転職サイト選びは大事です。どの転職サイトを選ぶか、によって、出会う企業は変わりますし、年収や転職成功率も違います。

 

本格的に転職することを決めたときには、複数の転職サイトを活用して比較する方がいいですが、転職しようか検討中の段階であれば、まずは自分にあった転職サイトを1つ選び、その転職サイトを中心に求人情報を見ることをおすすめします。

 

おすすめ転職サイトランキングを参考に自分にあった転職サイトを選んでください。 

 

第1位 エンジニアのAI業界転職満足度・転職成功率No.1 :レバテックキャリア

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180119020516p:plain

おすすめ度:★★★★★

求人数:★★★★★

使いやすさ:★★★★★

年収アップ率:★★★★☆

転職サポート:★★★★★

 

レバテックキャリア」 では業界最大手のAIエンジニア(人工知能エンジニア・機械学習エンジニア・深層学習エンジニア)の求人があり、非公開求人を含めて需要が高まるAI業界を目指す上で良い方向を目指せます。

 

2020年〜2025年に向けてエンジニアにとってAI関連技術の理解を深めることは必須であり、GoogleがCloud Auto MLを無料で企業が利用できるようになったことからもAI(人工知能)業界を目指す方向は今から考えた方が賢明です。

 

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180119021529p:plain

エンジニア/プログラマーに特化した専門求人・IT業界に精通したプロのキャリアアドバイザーがあなたにとって納得できる仕事・企業と出会えるための手厚いサービスをしてくれます。

 

レバテックキャリアは、IT・Web系エンジニア・クリエイター専門の転職エージェントです。 スキルと経験の市場価値を知り尽くしたエージェントが、「強みを活かした転職」を提案してくれます。

 

エンジニアとしてAI業界を目指すならレバテックキャリアは必ず登録しておくエンジニア専門の転職エージェントです。

レバテックキャリアがおすすめの理由

 

レバテックキャリアに登録

 

レバテックキャリアはエンジニア専門の転職エージェントなので、エンジニアでない場合はWORKPORT を利用することをおすすめします。

 

第2位 未経験のAI転職満足度・転職成功率No.1 :WORKPORT

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180311034051p:plain

おすすめ度:★★★★★

求人数:★★★★★

使いやすさ:★★★★★

年収アップ率:★★★★☆

転職サポート:★★★★☆ 

 

WORKPORT 」では、AI人材の転職成功率も高く、また良いIT企業、AIベンチャーへの推薦も合わせて行ってくれるので、AI関連職種への転職にはおすすめです。

 

ブラックIT企業に関する情報まで網羅的に調査をしているので、転職者にとっても重要な情報を持つエージェントが数多く在籍しています。

 

業界に精通した彼らだからこそ、ハイレベルの給与交渉が可能となっているのです。

 

また親切な対応も高く評価されており、人工知能で今の年収を上げたい方は、まずは情報収集目的で無料会員登録をおすすめします。

 

転職エージェント(就職・転職の全面的なお手伝いをする企業人)を通じて、AI(人工知能)関連職種への挑戦をして下さい。 

 

また、Workportでお預かりしている求人の80%は非公開求人で、特に最先端技術に関する求人をお探しの場合は非公開求人を含め、キャリアアドバイザーより丁寧に紹介してもらえるのが魅力です。

 

AI関連職種への進路をどうしようか悩んでいるかたにおすすめの転職サイトです。

AI業界専門のWORKPORTの詳細はこちら

 

AI業界専門のWORKPORTに登録する

 

第3位 AI(人工知能)エンジニア求人特化!AI転職成功率No.1 : Geekly

f:id:inaka-gurashi-saikou:20171125091458p:plain

おすすめ度:★★★★★

求人数:★★★★☆

使いやすさ:★★★★★

年収アップ率:★★★★★

転職サポート:★★★★★ 

 

Geekly」では、AI(人工知能)エンジニアへの転職成功率も高く、IT業界・Web業界・ゲーム業界と「IT業界全般へのAIエンジニア転職支援」に特化しているのでおすすめです。

 

IT業界で3年以上の転職支援実績を持つキャリアコンサルタントが、今のIT業界、AI業界への転職の道を極めて明確に、かつ、親身に応援してくれます。

 

業界に精通した彼らだからこそ、ハイレベルの給与交渉が可能となっているのです。

 

また、親切な対応も高く評価されており、AI(人工知能)エンジニアで今の年収を上げたい技術職の方は、まずは無料登録から始めてみてください。

 

そして、転職エージェント(就職・転職の全面的なお手伝いをする企業人)を通じて、AI(人工知能)エンジニア関連職種への挑戦をして下さい。 

 

また、Geeklyでお預かりしている求人の80%は非公開求人で、特にAI関連の最先端技術に関する求人をお探しの場合は非公開求人を含め、キャリアアドバイザーより丁寧に紹介してもらえるのが魅力です。

 

AIエンジニアへのキャリアをどうしようか悩んでいるにおすすめの転職サイトです。

  

最後に注意点です。

 

Geeklyは「渋谷の本社で面談ができる真剣なプログラマー・エンジニア」にのみ注力する少数精鋭・IT業界専門の転職サイトです。その点を確認してからGeeklyをご覧頂ければ幸いです。

 

Geeklyがおすすめの理由はこちら

 

Geeklyに登録する

 

全国のAI(人工知能)エンジニア求人をお探しなら「レバテックキャリアがおすすめです。

  

そのほかの転職サイト・求人サイトはどうなのか? 

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170813201939j:plain

そのほかの転職・求人サイトでは、AI(人工知能)関連職種が多く見つからず、おすすめできる範囲ではないことをお伝えします。

 

 

今回のランキングサイトに関しては実際に検証をして本当に求人数・求人の質が高い順に掲載しております。また、今後検証していく過程でそのほかの良質なサイトも合わせてお伝えしていきます。

 

 

Googleレイ・カーツワイルがシンギュラリティ(技術特異点)に到達するのが2045年と言及したと思えば、2025年にはプレ・シンギュラリティが生じるとし、AI(人工知能)分野の凄まじすぎる躍進が連日ニュースでも報じられています。

 

 

PythonScala・Kotlin以外にも「C・C++C#」のような静的言語から未経験でAI(人工知能)分野に転職をした人もいるので(マイナビエージェントにて)、現段階でPythonやそれ以外のrプログラミング言語に精通していなくても十分挑戦できます。

 

エンジニア職以外のマーケッター、営業・一般職を希望する場合でも、AI人材関連の募集をしている企業は多く存在しています。ぜひ、良い転職をしてくださいね。