『現在の人工知能の身近な例』

〜AIがすべてを変える〜

人工知能業界へ未経験から転職する方法とは?機械設計エンジニアから業界未経験のAI(人工知能)開発へと挑戦

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170703135033j:plain

こんにちは、AIブロガーです。

 

人工知能の業界に未経験から、AI人材として転職を果たすにはどうするのか?

 

機械設計のエンジニアからAIエンジニアになった場合をお伝えします。

 

 

1. 未経験業界へ転職を果たすには?〜英語能力編〜

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170702165650j:plain

AI(人工知能)業界へ未経験から転職を果たす時に必要なのは、技術力・英語力・数学力の3つの要素で、特に英語力・数学力を必要としています。

 

 

大学時に理系先行で機械系・電気電子系・設計開発系・化学系・分析解析・情報系などの分野を学習しているなら、より自然にAI(人工知能)の機械学習システム開発に対して理解を深めることが可能です。

 

 

開発時にプログラムのライブラリを使い出すと英語で書かれたリファレンスとか色々と読み込むことになります。

 

特に人工知能開発の機械学習pythonを使う人が多く、この辺の研究は基本的にGoogle・Baidu・MicrosoftFacebook等の欧米・中国企業が強いので、英語は読めた方がお得です。

 

 

また、英語論文についても、日本人すら英語で書くので、英語読めないと日本人の論文すら読めません。最近だとGoogleが定期的に発表している論文が面白いですね。

 

Chainer(Preferred Networksが開発したニューラルネットワークを実装するためのライブラリ)という日本産の便利なものもありますが、ニューラルネットワーク以外を使うと結構使いにくい所も出てきます。

 

 

つまり、英語能力は必須ということですね。

 

 

2. AI開発に未経験から転職するには?〜プログラミング言語編〜 

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170703122756j:plain

人工知能の研究をしていく中でプログラミングスキルを身に付ける必要があります。

 

 

プログラミングには専門資格があり、取得しておくと多少転職活動に有利になるかもしれませんが、人工知能機械学習の研究をするのであれば、AI開発に関するプログラミング能力は必要になります。

 

 

C、JavaPython・Kotlin...などはあくまで「言語」でしかありません。

問題はその言語で「何を話すか」です。ただプログラミングをするだけの人より、アルゴリズムを理解した上でプログラミングができる人の方が需要が高く、日頃からAI(人工知能)関連の言語に触れている必要は最低限ありますね。

 

 

ビズリーチが出した「プログラミング言語別 平均年収ランキング2017」では、上位から、ScalaPython・Kotlinが今後高い平均年収を獲得できるとし、また、これらはAI開発にもよく用いられる言語なので、気にかけておくと良いでしょう。

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170823001628j:plain

 

前提としてC・C#などの言語からでも未経験でエンジニア転職した事例もあるので、どの言語に傾向するというよりかは、満遍なく理解をしていくことが重要です。 

 

 

英語力・技術力に関する準備が整えば、あとは未経験可のAI開発を行う企業に出向いてみて、実際に挑戦してみることをおすすめします。 

 

3. 転職サイト選びのコツ

転職サイト選びは大事です。どの転職サイトを選ぶか、によって、出会う企業は変わりますし、年収や転職成功率も違います。

 

 

本格的に転職することを決めたときには、複数の転職サイトを活用して比較する方がいいですが、転職しようか検討中の段階であれば、まずは自分にあった転職サイトを1つ選び、その転職サイトを中心に求人情報を見ることをおすすめします。

 

おすすめ転職サイトランキングを参考に自分にあった転職サイトを選んでくださいね。

第1位 AI人材の転職満足度・転職成功率No.1 : パソナキャリア

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170823132220p:plain

 

おすすめ度:★★★★★

求人数:★★★★★

使いやすさ:★★★★★

年収アップ率:★★★★☆

転職サポート:★★★★★ 

 

パソナキャリア」では、AI人材の転職成功率も高く、また良いIT企業、AIベンチャーへの推薦も合わせて行ってくれるのでAIエンジニア・AI関連職種への転職にはおすすめです。

 

 

ブラックIT企業に関する情報まで網羅的に調査をしているので、転職者にとっても重要な情報を持つエージェントが数多く在籍しています。

 

 

業界に精通した彼らだからこそ、ハイレベルの給与交渉が可能となっているのです。

 

 

また親切な対応も高く評価されており、人工知能で今の年収を上げたい方は、まずは情報収集目的で無料会員登録をおすすめします。

 

 

転職エージェント(就職・転職の全面的なお手伝いをする企業人)を通じて、AI(人工知能)関連職種への挑戦をして下さい。 

 

 

また、パソナキャリアでお預かりしている求人の80%は非公開求人で、特に最先端技術に関する求人をお探しの場合は非公開求人を含め、キャリアアドバイザーより丁寧に紹介してもらえるのが魅力です。

 

AI関連職種への進路をどうしようか悩んでいるかたにおすすめの転職サイトです。

 

パソナキャリアがおすすめの理由はこちら

 

パソナキャリアに登録する

 

第2位 : 総合力No.1 : マイナビエージェント 

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170823131916p:plain

 

おすすめ度:★★★★★

求人数:★★★★☆

使いやすさ:★★★★☆

年収アップ率:★★★★☆

転職サポート:★★★★★

 

マイナビエージェントでは業界別の専任制を取り入れているため、人工知能ならではの就労環境や個別の企業風土を詳しく知る事が可能です。

 

 

ブラックIT企業に関する情報まで網羅的に調査をしているので、転職者にとっても重要な情報を持つエージェントが数多く在籍しています。

 

 

業界に精通した彼らだからこそ給与交渉が可能となっているのです。

 

 

また親切な対応も高く評価されており、人工知能で今の年収を上げたい方は、まずは情報収集目的で無料会員登録をおすすめします。

 

 

転職エージェント(就職・転職の全面的なお手伝いをする企業人)を通じて、AI(人工知能)関連職種への挑戦をして下さい。

 

マイナビエージェントに登録する

 

 

また、IT業界でキャリアアップしたい/年収アップを目指したい方は、IT領域にも特化した専属のキャリアアドバイザーのいる「マイナビエージェントIT」がおすすめです。

 

マイナビエージェントITに登録する

 

第3位 20代との相性No.1 : マイナビジョブ20's

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170824035345p:plain 

おすすめ度:★★★★★

求人数:★★★★☆

使いやすさ:★★★★☆

年収アップ率:★★★★☆

転職サポート:★★★★★

 

 20代の転職希望者に一番おすすめしたいのが「マイナビジョブ20's 」。

 

 

20代向けの転職支援サービスとして特化していて、キャリアカウンセリングや適性診断などの転職支援が充実しています。

 

 

キャリアカウンセリング後に希望に合った最適な企業を紹介してもらえるため、自分に合った企業がどれか分からない、周囲からのアドバイスがほしい、といったときに相性が合います。

 

 

「はじめての転職で転職事情が分からない」

 

「まずは転職相談してみたい」という20代におすすめです。

 

※対応地域が「東京/埼玉/神奈川/千葉/愛知/岐阜/三重/大阪/京都/兵庫/奈良/滋賀在住」となるため、他県のかたは全国対応している「マイナビエージェント」がおすすめです。

 

マイナビジョブ20'sに登録する

 

第4位 AI人材求人の豊富さNo.1 : リクナビNEXT

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170823003711p:plain

 

おすすめ度:★★★★☆

求人数:★★★★★

使いやすさ:★★★☆☆

年収アップ率:★★★☆☆

転職サポート:★★☆☆☆

 

人工知能案件の多さとAI人材への求人の多さが魅力の『リクナビNEXT

 

 

リクナビNEXTの魅力は、求人の豊富さ。関東圏内だけでなく、地方の求人もあるため、どこに住んでいても活用できます。自分にあった企業が必ず見つかりますし、定番の転職サイトと言えます。

 

 

転職者の8割が利用、数ある転職サイトの中で転職者の評価が断トツで高いのがリクナビNEXTです。

 

 

リクナビNEXTでは「スカウト登録」を利用して希望条件を登録(AI関連)しておくと求人票の中からマッチした企業からオファーが届きます。

 

 

オファーには非公開の良質な求人も含まれているので、AI(人工知能)関連への転職には欠かせないサービスです。

 

 

匿名で気軽に転職を始められる点もリクナビNEXTの良い点で、最初の情報収集を行う場としても最適な転職サイトです。

 

リクナビNEXTに登録する

 

第5位 転職者満足度No.1 : DODA(デューダ

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170825181024p:plain

 

おすすめ度:★★★★★

求人数:★★★★☆

使いやすさ:★★★★☆

年収アップ率:★★★★★

転職サポート:★★★★☆

 

DODAは20〜30代前半までの方に高評価で注目されてきているのが業界大手のパーソルキャリア株式会社(旧インテリジェンス)が運営する求人サイトです。

 

 

それぞれの年代の方に紹介できる独自の優良企業の求人数が多い為、次の転職先を優良企業から吟味したい場合は特におすすめです。

 

 

また、コンサルタントが転職までを全面サポートする「エージェントサービス」も好評で、質を求める方から高い支持を得ています。人工知能なら迷わず登録すべき鉄板求人サイトです。

 

 

DODAの魅力は、キャリアアドバイザーが専任パートナーとして、あなたの転職を丁寧にサポートしてくれます。

 

 

もちろん通常の求人応募が可能なだけでなく、スカウトやヘッドハンティングなどのサービスもまとめて受けられます。

年収査定やキャリア診断などのサービスもあり、転職サービスがバランス良く用意されているのがDODAの強みです。

 

 

20〜30代で特にAI(人工知能)関連の優良企業を探したいならDODAに無料登録してみてください。

 

 

DODAがおすすめの理由はこちら

 

DODAエージェントに登録する

 

そのほかの転職サイト・求人サイトはどうなのか? 

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170813201939j:plain

そのほかの転職・求人サイトでは、AI(人工知能)関連職種が多く見つからず、おすすめできる範囲ではないことをお伝えします。

 

 

今回のランキングサイトに関しては実際に検証をして本当に求人数・求人の質が高い順に掲載しております。また、今後検証していく過程でそのほかの良質なサイトも合わせてお伝えしていきます。

 

 

Googleレイ・カーツワイルがシンギュラリティ(技術特異点)に到達するのが2045年と言及したと思えば、2025年にはプレ・シンギュラリティが生じるとし、AI(人工知能)分野の凄まじすぎる躍進が連日ニュースでも報じられています。

 

 

PythonScala・Kotlin以外にも「C・C++C#」のような静的言語から未経験でAI(人工知能)分野に転職をした人もいるので(マイナビエージェントにて)、現段階でPythonやそれ以外のrプログラミング言語に精通していなくても十分挑戦できます。

 

 

エンジニア職以外のマーケッター、営業・一般職を希望する場合でも、AI人材関連の募集をしている企業は多く存在しています。ぜひ、良い転職をしてくださいね。

 

 

これからの進路・転職活動について考えている人に人気記事です

『人工知能関連転職が未経験の方におすすめの転職サイト一覧』

『年収診断で今の適正年収が確認できるキャリア診断「MIIDAS」』

未経験プログラマー就職・転職おすすめランキング

f:id:einginner-carry:20170925074953p:plain

SPONSORED LINK