人工知能エンジニアに未経験転職するには?プログラマーとAIエンジニアは何が違うのか

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170803125323j:plain

こんにちは、AIブロガーです。

 

人工知能エンジニアに未経験転職するに、AI人材はどうするのか?

 

お伝えしていきます。

 

エンジニアがAIエンジニアを目指す前に、知るべき結論

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180211050353j:plain

「AIエンジニアを目指したい人の要件」

AI・機械学習・深層学習関連スキルに強い興味があって触れてみたい

AI・データサイエンス領域のキャリアを伸ばしたい

AI・機械学習関連のスキルは今後マストになるから、身につけておきたい

AIエンジニアは、まだ需要が下火です。

しかし、今後さらにAI・機械学習関連の技術を利用したサービス・製品はどんどん市場に投下され、需要はますます増加していきます。

将来を見据えたキャリアを考えるならAIエンジニアを目指すことは最良です。

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180119020516p:plain

レバテックキャリア」 では業界最大手のAIエンジニア(人工知能エンジニア・機械学習エンジニア・深層学習エンジニア)の求人があり、非公開求人を含めて需要が高まるAI業界を目指す上で良い方向を目指せます。

エンジニアとしてAI業界を目指すならレバテックキャリアは必ず登録しておくエンジニア専門の転職エージェントです。

レバテックキャリアの詳細

 

レバテックキャリアに登録

 

お読みいただき、ありがとうございます。

ここからは、具体的なAIエンジニアの目指し方をお伝えします。

1. AI(人工知能)エンジニアの開発方法とは?

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170823000133j:plain

AI(人工知能)開発を行う上でポイントとなるのは、プログラマーとAIエンジニア(人工知能開発を行う技術者)とでは、行う業務内容がまったく異なる点です。

 

 

従来のプログラマーならば、与えられた仕様書・企画書に合わせてダダダっとプログラムを打ち込んでいきながら、最終的にシステム・製品を作り出すことが求められていました。

 

 

しかし、AIエンジニアの場合はプログラムを書く以上に必要なことがあります。

 

 

AI(人工知能)のトレーニングフェーズでどのフレームワークを使うか、大量に取得したデータをいかにうまくアノテーション(高い分析結果を得るためにタギング・カテゴライズ・アーギュメンテーション)を行う。

 

 

もしくは、CPU/GPUとAIフレームワークの相性を調べたり、チューニングをどうするのかという点が重要となります。その上で、より良い分析環境、稼働率の高い環境を作り、PDCAをいかに速く回せるかが鍵になります。

 

 

AI(人工知能)が機械学習(深層学習・強化学習・強化Q学習など)を行うことで得られるデータを活用していく以上、AI(人工知能)が学習しやすいようにコントロールする能力を求められるのは当然と言えますね。

 

 

技術者としてプログラムが書けることは、AI(人工知能)を作ることができるとはならず、コーディングすることよりもむしろ、膨大な量のデータから結果をうまく引き出すことが必要となります。

 

 

AI開発の現場ではAI(人工知能)の学習状況をどううまく引き出すのか?そう言った視点が重要です。 

 

2. AI(人工知能)エンジニアには具体的にどんな能力/スキルが必要か?

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170802132249j:plain

AIエンジニアには具体的にどんな能力が必要か?

 

 

総務省有識者に行なった調査「人工知能(AI)の普及に求められる人材と必要な能力」 では、以下のように言及されています。

  

人工知能(AI)の活用が一般化する時代に求められる能力として、特に重要だと考えるものは何かを有識者に対して尋ねたところ、「業務遂行能力」や「基礎的素養」よりも、「チャレンジ精神や主体性、行動力、洞察力などの人間的資質」や「企画発想力や創造性」を挙げる人が多かった(図表4-4-1-1)。

図表4-4-1-1 人工知能(AI)の活用が一般化する時代における重要な能力

 

特に、自ら問題を定義し、AIに学習をさせながら新たな視点で問題解決へと導く創造性のある仕事ができる技術者が求められている傾向にあります。

 

 

これは、AI(人工知能)は機械学習を持って圧倒的な学習を行えるが、その学習環境によって得られる結果に大きな違いが生まれることが要因となっていて、AI(人工知能)が新たな価値を生み出すのは技術者側の知的好奇心・熱意に依存するからです。

 

 

そのためにも、AIエンジニアを目指している場合は未経験からでも「データモデリング・AIのフレームワーク決定」などの基礎的な部分を行える職場・企業を探すことが重要となります。

 

 

AI人材は、今後2020年までに約50000人不足するとも言われていて、早い段階でのAIに関わることが、AIエンジニアへと転身する近道です。

 

3. AIエンジニアになるのは?

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170720070609j:plain

AIエンジニアになるには、シンプルに未経験からでも参加可能な職場・企業を探すことだけですね。

 

 

AIをどう扱うのか?精度の高い結果を獲得するのかなど「基本的な業務内容を通じてしか得られない経験・知識」が大量に存在するので、自学自習は意味がないと言えます。

 

 

AI関連のスクールも増えてきていますが、それは本当に未経験、開発もしたことがないエンジニア初心者の方を対象としている傾向が強いので、エンジニア職として新たなにAIエンジニアを目指すなら、まずはAI関連開発をしている企業・ベンチャーに出会うことが重要です。

 

 

エンジニアからAIエンジニアになると考えるより、知的好奇心に任せた様々な企業に話を聞きにいく感覚で行動してみてはどうでしょうか?

 

4. 転職サイト選びのコツ

転職サイト選びは大事です。どの転職サイトを選ぶか、によって、出会う企業は変わりますし、年収や転職成功率も違います。

 

 

本格的に転職することを決めたときには、複数の転職サイトを活用して比較する方がいいですが、転職しようか検討中の段階であれば、まずは自分にあった転職サイトを1つ選び、その転職サイトを中心に求人情報を見ることをおすすめします。

 

おすすめ転職サイトランキングを参考に自分にあった転職サイトを選んでくださいね。

 

第1位 エンジニアのAI業界転職満足度・転職成功率No.1 :レバテックキャリア

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180119020516p:plain

おすすめ度:★★★★★

求人数:★★★★★

使いやすさ:★★★★★

年収アップ率:★★★★☆

転職サポート:★★★★★

 

レバテックキャリア」 では業界最大手のAIエンジニア(人工知能エンジニア・機械学習エンジニア・深層学習エンジニア)の求人があり、非公開求人を含めて需要が高まるAI業界を目指す上で良い方向を目指せます。

 

2020年〜2025年に向けてエンジニアにとってAI関連技術の理解を深めることは必須であり、GoogleがCloud Auto MLを無料で企業が利用できるようになったことからもAI(人工知能)業界を目指す方向は今から考えた方が賢明です。

 

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180119021529p:plain

エンジニア/プログラマーに特化した専門求人・IT業界に精通したプロのキャリアアドバイザーがあなたにとって納得できる仕事・企業と出会えるための手厚いサービスをしてくれます。

 

レバテックキャリアは、IT・Web系エンジニア・クリエイター専門の転職エージェントです。 スキルと経験の市場価値を知り尽くしたエージェントが、「強みを活かした転職」を提案してくれます。

 

エンジニアとしてAI業界を目指すならレバテックキャリアは必ず登録しておくエンジニア専門の転職エージェントです。

レバテックキャリアがおすすめの理由

 

レバテックキャリアに登録

 

レバテックキャリアはエンジニア専門の転職エージェントなので、エンジニアでない場合はWORKPORT を利用することをおすすめします。

 

第2位 未経験のAI転職満足度・転職成功率No.1 :WORKPORT

f:id:inaka-gurashi-saikou:20180311034051p:plain

おすすめ度:★★★★★

求人数:★★★★★

使いやすさ:★★★★★

年収アップ率:★★★★☆

転職サポート:★★★★☆ 

 

WORKPORT 」では、AI人材の転職成功率も高く、また良いIT企業、AIベンチャーへの推薦も合わせて行ってくれるので、AI関連職種への転職にはおすすめです。

 

ブラックIT企業に関する情報まで網羅的に調査をしているので、転職者にとっても重要な情報を持つエージェントが数多く在籍しています。

 

業界に精通した彼らだからこそ、ハイレベルの給与交渉が可能となっているのです。

 

また親切な対応も高く評価されており、人工知能で今の年収を上げたい方は、まずは情報収集目的で無料会員登録をおすすめします。

 

転職エージェント(就職・転職の全面的なお手伝いをする企業人)を通じて、AI(人工知能)関連職種への挑戦をして下さい。 

 

また、Workportでお預かりしている求人の80%は非公開求人で、特に最先端技術に関する求人をお探しの場合は非公開求人を含め、キャリアアドバイザーより丁寧に紹介してもらえるのが魅力です。

 

AI関連職種への進路をどうしようか悩んでいるかたにおすすめの転職サイトです。

AI業界専門のWORKPORTの詳細はこちら

 

AI業界専門のWORKPORTに登録する

 

第3位 AI(人工知能)エンジニア求人特化!AI転職成功率No.1 : Geekly

f:id:inaka-gurashi-saikou:20171125091458p:plain

おすすめ度:★★★★★

求人数:★★★★☆

使いやすさ:★★★★★

年収アップ率:★★★★★

転職サポート:★★★★★ 

 

Geekly」では、AI(人工知能)エンジニアへの転職成功率も高く、IT業界・Web業界・ゲーム業界と「IT業界全般へのAIエンジニア転職支援」に特化しているのでおすすめです。

 

IT業界で3年以上の転職支援実績を持つキャリアコンサルタントが、今のIT業界、AI業界への転職の道を極めて明確に、かつ、親身に応援してくれます。

 

業界に精通した彼らだからこそ、ハイレベルの給与交渉が可能となっているのです。

 

また、親切な対応も高く評価されており、AI(人工知能)エンジニアで今の年収を上げたい技術職の方は、まずは無料登録から始めてみてください。

 

そして、転職エージェント(就職・転職の全面的なお手伝いをする企業人)を通じて、AI(人工知能)エンジニア関連職種への挑戦をして下さい。 

 

また、Geeklyでお預かりしている求人の80%は非公開求人で、特にAI関連の最先端技術に関する求人をお探しの場合は非公開求人を含め、キャリアアドバイザーより丁寧に紹介してもらえるのが魅力です。

 

AIエンジニアへのキャリアをどうしようか悩んでいるにおすすめの転職サイトです。

  

最後に注意点です。

 

Geeklyは「渋谷の本社で面談ができる真剣なプログラマー・エンジニア」にのみ注力する少数精鋭・IT業界専門の転職サイトです。その点を確認してからGeeklyをご覧頂ければ幸いです。

 

Geeklyがおすすめの理由はこちら

 

Geeklyに登録する

 

 

全国のAI(人工知能)エンジニア求人をお探しなら「レバテックキャリアがおすすめです。

 

第4位 誠実で頼りになる転職実績/年収アップ率No.1 : アールストーン

f:id:Change-before-you-have-to:20171125135539p:plain おすすめ度:★★★★★

求人数:★★★★☆

使いやすさ:★★★★☆

年収アップ率:★★★★☆

転職サポート:★★★★★

 

機械学習ディープラーニング関連のAI(人工知能)エンジニアを目指すなら「アールストーン」がおすすめです。

 

アールストーンでは「誠実で頼りになるキャリアドクター(RStoneの転職担当者)」が、常に5年先のエンジニアとしてのキャリアカウンセリングを行ってくれます。 

 

また、いくつものキャリアプランを提案した後に「今の企業で転職せずに経験を積んだ方が良い」と転職をしない選択肢も合わせて伝えてくれます。

 

エンジニアにとって「本当に良いと思える転職をしてもらいたい」という強い思いからアールストーンは求人を教えてくれるので、安心して転職活動に望めますね。

  

特に、リクルートキャリアが主催する「グッドエージェント賞(どれだけ真剣に、転職者や採用企業のことを考えて、転職エージェントとしての仕事をしたか)を多数受賞している」ので、もし転職をする。しないという選択を真剣に選べます。

 

はじめての転職で転職事情が分からない。親身な相談相手が欲しい

 

まずはエンジニアのキャリアに関して転職相談してみたい」という方は、ぜひアールストーンを利用してみてください。

アールストーンがおすすめの理由はこちら

 

アールストーンに登録する

 

そのほかの転職サイト・求人サイトはどうなのか? 

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170813201939j:plain

そのほかの転職・求人サイトでは、AI(人工知能)関連職種が多く見つからず、おすすめできる範囲ではないことをお伝えします。

 

 

今回のランキングサイトに関しては実際に検証をして本当に求人数・求人の質が高い順に掲載しております。また、今後検証していく過程でそのほかの良質なサイトも合わせてお伝えしていきます。

 

 

Googleレイ・カーツワイルがシンギュラリティ(技術特異点)に到達するのが2045年と言及したと思えば、2025年にはプレ・シンギュラリティが生じるとし、AI(人工知能)分野の凄まじすぎる躍進が連日ニュースでも報じられています。

 

 

PythonScala・Kotlin以外にも「C・C++C#」のような静的言語から未経験でAI(人工知能)分野に転職をした人もいるので(マイナビエージェントにて)、現段階でPythonやそれ以外のrプログラミング言語に精通していなくても十分挑戦できます。

 

 

エンジニア職以外のマーケッター、営業・一般職を希望する場合でも、AI人材関連の募集をしている企業は多く存在しています。ぜひ、良い転職をしてくださいね。